2018年のマリノスは高難度の荒海を目指す

2018年開幕直前のプレシーズンマッチを見てきました。
本年度のマリノスは高難度のプレイスタイルを挑むことになりそうです。

ポステコグルー新監督が取り組む433のシステム。
攻撃はもちろん守備も相手の陣地内でやるサッカー。
GKもビルドアップに参加し、ハーフウェイライン近くまで上がってプレイをする。

自陣は基本ガラガラ。
空いたスペースを狙われやすい。
クリアミスすると簡単に点数を与えてしまう。
実際プレシーズンマッチでは飯倉のクリアミスを無人のゴールに蹴りこまれて失点。
両サイドバックは攻撃に参加するので、守備はセンターバックの2人のみ。
プレシーズンマッチのセンターバックは中澤とデゲネク。スピードがある2人ではないので裏を取られると追いつかず失点するリスクは高まるでしょう。
飯倉はフィールドプレイが危なっかしい、中澤、デゲネクも被カウンターの対応に難がある。
今年は失点数は大きく増えるようになるでしょう。

フィールドプレイヤーは正確にトラップを技術、ツータッチでパスを出す、パスをもらうために動く、顔を出す。
基本的なスキルと走る身体能力が必要になります。
両サイドは張り出していて、中央に寄らないで大きくフィールドを使っていく。
複数人でサイドから崩していく。しかしチャンスがあれば中央にも切り込む。
ニアとファーに選手が飛び込んでゴールを狙う。
確実にゴールするための得点パターンができつつあります。
今までのマリノスでは見たことないプレイスタイルに変わりました。

バックパスを繰り返す。球離れが遅く長く持っている。得点するパターンが見つからない。
こんなことはなさそうです。

2018年にやりたいサッカーのスタイルは理解しました。
しかし、それを実現するには選手の戦術理解、基本的なトラップとパスのスキル、走るという身体能力が不可欠です。
それによって、今までレギュラーだった選手がポジションを取られることが多いにあります。
逆に入団してすぐの若手にも大きく活躍するチャンスがあるでしょう。

正直、開幕してリーグ戦は数か月は思うようにならず勝てない時が続くでしょう。
しかし、カップ戦ではチーム全体の戦力が高いため良い成績で予選を突破するでしょう。
ワールドカップで中断した後に戦術理解もスキルも向上しているので、Jリーグでは別次元のサッカーをしてくれると思っています。

決してやろうとしていることは簡単なことではない。むしろ高難度なことをしようとしている。
間違いなく荒波に向かって新たに出発しようとしているマリノスに期待です。


◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性の価値観と向き合う~
みんなで楽しく対話をしませんか。普段ではまじめに話さないような恋愛・結婚などをテーマに、異性と一緒に対話するイベントです。
第24回 2018年7月7日(土) 10:00~11:30(受付9:45~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、自主性と前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/