哲学対話とは何か?

哲学対話とは、自分が興味関心あることに問いを持ち、その問いを考えて、考えたことを言葉にして話し、他の人の意見を聞くこと。
過去の哲学者が書いた本を覚えるのではなく、問いを持って探求し続ける姿勢や行動が哲学対話です。

哲学対話の原型はアメリカの哲学者マシュー・リップマンが考案した「子どものための哲学 Philosophy for Children」です。
1969年にコロンビア大学の大学生たちが論理的に考え、健全に判断する能力に欠けていることを深く憂慮し哲学に基づくカリキュラムを作り上げました。
子ども達が自分自身で考える力を身につけ、思いやりと責任をもって、その考える力を使えるようになることを目指しています。

哲学は、人生や世界、ものごとの根源のあり方とか原理を、人間の理性によって求めようとする学問です。
哲学と聞くと、多くの人は、実生活や社会に役に立たないとか、難しそうとか、何だかよく分からないことを考えているとか、変人がすること、というイメージを持っていると思います。
私もそのように思っていました。今でもそう思っている部分がなくなってはいません。でも、哲学対話の取り組みを精力的に行っています。
なぜなら、哲学という学問がなくならないのは役に立つことがあるからです。

哲学の「本質的なことを探求する姿勢」という一部分を取り出して、大人はもちろん、子どもにもできるように作られたのが「哲学対話」です。
哲学なので、必ず問いから始まります。
別に「愛とは何か?」「正義とは?」「美しさとはなに?」というような問いである必要がありません。「朝ごはんに何を食べるのか?」「恋人とデートでどこに行きたいか?」「何度も見たい映画とは?」というような身近なことから、興味関心を持つことかは始めます。
朝ごはんに何を食べるのか?なんて、人によって違います。白米の人もいれば、パンの人もいる、牛乳だけとか、フルールだけとか、私みたいに食べないという人もいるでしょう。
色んな意見や行動をする人が集まっている社会の中で、「どうして朝ご飯を食べる(食べない)のか?」「理想的な朝の過ごし方は?」「人は一日に何回食べるのがいいのか?」というように、多くの人に共通するような部分は必ずあります。
その共通する部分(本質的なこと・根源・原理)をお互いに知ることで、理解し合える、分かり合えることが生まれます。
多様化がどんどん進む時代の中で、みんなが好き勝手に独りだけの生き方を認めると同時に、お互いが人間社会全体を一緒に作っていることも、話し合うことで認識します。

人間のコミュニケーションは話すことと聞くことです。
しかし、ちゃんと自分の意見や考えを話せない人や、ちゃんと相手の話を最後まで聞けない人が多くいます。
哲学対話では対話にルールが必ず存在していて、話す人が上手い下手に関係なく安心して最後まで話せるルールや、人の話をちゃんと聞く仕組みが埋め込まれています。
なので、哲学対話はコミュニケーションをするための基礎を鍛えなおせる、身につけられます。

ITによって人が直接コミュニケーションする機会は減りました。生き方も多様化し細分化しています。その反動として人同士がつながること、共通点を見出すことが今まで以上に必要になっているのでしょう。


◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~ちゃぶ台を囲んで「対話」を体験してみよう♪~
普段は触れることの少なくなってしまった古民家の雰囲気を感じながら対話を楽しみませんか!
たたみに座布団、ちゃぶ台を囲んでアットホームにやっています。
第22回 2018年6月6日(水) 19:00~(受付18:45~)〔鷺ノ宮〕
詳細やお申込みはこちらより

*対話コン ~異性の価値観と向き合う~
マッチングする・しないに関係なくみんなで楽しく対話をしませんか。
普段はまじめに話さないような恋愛・結婚などをテーマに異性と一緒に対話して合コンのようなイベント!?
第23回 2018年6月15日(金) 19:00~21:30(受付18:45~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、自主性と前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/