紛らわしい英数文字を使わない

読めない字とか見分けがつかない文字に出会った経験は誰にでもあると思います。
読めない文字は困りますよね。。。間違いを誘発しやすい。
ITシステムにおいてもフォントの種類や文字の大きさによって見分けが難しいケースがあります。
なので、間違えないように人に正しく伝わる文字である必要があります。特に製品の固有記号やロット番号、そして、システムのパスワードなどに紛らわしい文字は使ってはいけない。
私が今までの仕事において、固有番号とかパスワードで使うのを避けていた文字があります。どんな文字を除いていたのかをご紹介します。

数字 大文字 小文字
0 O o
1 I l
2 Z z
6 b
9 g
C c
K k
P p
S s
U u
V v
W w
X x
Y y

以上が紛らわしい文字の一覧になります。
これをアルファベットと数字の一覧表にて該当文字当てはめると、紛らわしくない文字はかなり少なくなります。

数字 大文字 小文字
0 A a
1 B b
2 C c
3 D d
4 E e
5 F f
6 G g
7 H h
8 I i
9 J j
K k
L l
M m
N n
O o
P p
Q q
R r
S s
T t
U u
V v
W w
X x
Y y
Z z

この文字を使う・使わないの判断や方針は必ずしもこの通りでなくてもいいと思います。皆様の状況に合わせてください。

にしても、フォントの種類や文字の大きさによって似たような形が多いですね。
間違いが起きにくいように可能な限りわかりやすい文字を使っていきたいです。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第29回 2018年11月25日(日) 10:15~(受付10:00~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

マリノスが残留するには(10/21終了時点)

2018年も残り4試合マリノスは残留できるのか?
引き続き、どうなれば残留できるのか調べてみました。

10月21日終了時点の成績と残りの対戦相手一覧です。

10位 G大阪 勝ち点39 11/03 VS 浦和 11/10 VS 湘南 11/24 VS 長崎 12/01 VS 柏
11位 横浜 勝ち点38 11/03 VS 東京 11/10 VS 長崎 11/24 VS 鳥栖 12/01 VS C大阪
12位 神戸 勝ち点37 11/03 VS 名古屋 11/10 VS 鳥栖 11/24 VS 清水 12/01 VS 仙台
13位 湘南 勝ち点36 10/30 VS 磐田 11/02 VS 清水 11/10 VS G大阪 11/24 VS 浦和 12/01 VS 名古屋
14位 名古屋 勝ち点34 10/28 VS 札幌 11/03 VS 神戸 11/06 VS C大阪 11/10 VS 清水 11/24 VS 広島 12/01 VS 湘南
15位 磐田 勝ち点34 10/30 VS 湘南 11/03 VS 広島 11/10 VS 東京 11/24 VS 札幌 12/01 VS 川崎
15位 鳥栖 勝ち点33 11/04 VS 長崎 11/10 VS 神戸 11/24 VS 横浜 12/01 VS 鹿島
17位 勝ち点33 11/03 VS 川崎 11/10 VS 鹿島 11/24 VS C大阪 12/01 VS G大阪
18位 長崎 勝ち点29 11/04 VS 鳥栖 11/10 VS 横浜 11/24 VS G大阪 12/01 VS 清水

調べることは3つ。
マリノスは18位に落ちる可能性があるのか?
マリノスは17位に落ちる可能性があるのか?
マリノスは16位に落ちる可能性があるのか?
そう、15位以上が確定すれば残留です。

さて、計算してみましょう。

マリノスは18位に落ちる可能性があるのか?
⇒ある
長崎が残り4試合に勝利すると勝ち点41。
マリノスが全敗すると勝ち点38のままで3ポイント抜かされます。
マリノスが長崎に負けても抜かされないためには、1勝0分3敗以上の成績が必要になります。

現時点での答えとして、マリノスが計算上18位に落ちる可能性がある以上、残留の当確はまだ出ません。

マリノスは17位に落ちる可能性があるのか?
⇒ある
柏が残り4試合に勝利すると勝ち点45。
マリノスが全敗すると勝ち点38のままで7ポイント抜かされます。
マリノスが柏に負けても抜かされないためには、2勝1分け1敗以上の成績が必要になります。

マリノスは16位に落ちる可能性があるのか?
⇒ある
鳥栖が残り4試合に勝利すると勝ち点45。
マリノスが全敗すると勝ち点38のままで7ポイント抜かされます。
鳥栖と長崎の直接対決が残っているため、どちらかが勝ち点3を落とします。そうするとマリノスは長崎と勝ち点で並び最下位は得失点差となります。
マリノスが鳥栖に負けても抜かされないためには、2勝1分け1敗以上の成績が必要になります。

数字上では降格の可能性がありますが、下位チームはお互いの対戦が残されており、勝ち点の潰し合いが起きます。また、優勝争いのチームとの対戦も残されています。なので、実際問題としては残留がほぼ確定している感じです。

マリノスの残留が確定するまで一覧表の計算を続けます。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第29回 2018年11月25日(日) 10:15~(受付10:00~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

哲学対話のルール

哲学対話にはルールが存在しています。

どうしてルールが存在しているのか?もし、ルールがなく好き勝手に話し合っていると、それは雑談とかわりがなかったり、対話が討論にすり替わっていたりしてしまいます。
哲学対話は物事を深く考えて探求すること、相手の価値観を知ることです。そのために、ちゃんと深く考えるための方法や相手の考えている内容を引き出しやすくするルールを設けています。

ルールは哲学対話の流派や主催者の好みによって違いありますが、共通しているルールとして「人の話を最後まで聞く」「相手を批判しない」などがあります。

私が哲学対話をする際に設けているルールは以下の6つです。

1)自分の体験談や価値観を伝えよう
2)どんな意見でも受け止めよう
3)お互いに問いかけるように意識しよう
4)話がまとまらなくても、意見が変わってもよい
5)発言せずに聞いているだけでもよい
6)プライベートな内容は守ろう

私が重要視しているのは相手の価値観を知ることです。なぜこのルールにしたのか理由をご紹介しようと思います。

1)自分の体験談や価値観を伝えよう
本に書いてあることやテレビなど有名人、有識者が言ったことは、調べればわかります。発言者本人の考えや意見は含まれません。そういう話はとてもつまらないです。聞いていて退屈。
なので、自分の体験したことや、自分の価値観を話してもらうことをルールにしています。体験や価値観には良し悪しがありません。自分の経験したことは唯一無二の出来事です。その人の体験を聞いた方がよっぽと楽しいので初めに自分の話をすることをルールにしています。

2)どんな意見でも受け止めよう
ひとつ目のルールが自分の価値観について話してもらうことです。それぞれの人が価値観について話をすると中には自分と相容れない意見が出てきます。そうすると否定や批判をしてしまう気持ちが芽生えてしまいます。相手の話を否定すると話したくなくなります。
そうなった際に意識を逆に向けることをルールにしています。相手の意見を認めることと同意することは違います。自分は賛同しないけど、そういう意見も世の中にはあることを受け止めることが対話に必要になります。

3)お互いに問いかけるように意識しよう
参加者同士がお互いに質問し合う、問いかけ合います。
対話の場にはファシリテーターが存在します。私がイベントを主催する時は私自身がファシリテーターとなります。ファシリテーターが参加者を促して引っ張るようなやり方は、主従関係になりやすい。ファシリテーターが先生、参加者が生徒というような立場になります。そうするとファシリテーターが持っている了見以上の対話ができにくくなります。
哲学対話はみんなで考えて探求する場です。なので、ファシリテーターもいち参加者として加わっている方が良いと私は考えています。

4)話がまとまらなくても、意見が変わってもよい
考えというのは話しながらまとまっていくことがあります。なので、話すことがまとまってから言う必要はなく、まとまっていない状態で話して構わない。
また、他の意見にふれることによって、自分の考えが変わることが起きます。哲学対話は討論や議論とは違う。なので、主張を変えずに相手とぶつけ合う必要はありません。
むしろ、考えや意見が色々と変わっていった方が、物事の見方や知識が増えていくことになります。

5)発言せずに聞いているだけでもよい
ワークショップでは、意見ありませんか?どんな風にお考えですか?といった質問をされるケースが多い。その際に無理やり発言しても、良い答えになることがありません。誰かにそそのかされる必要はなく、自分が話したいタイミングで話し手いいことをルールで明文化しています。
ただ、聞いているだけでも頭の中ではちゃんと考えているし、全く発言しなかった参加者が最後に一言鋭い意見を言う場合もよく見かけます。
会社の会議だと発言しない社員は必要ないと言われますが、哲学対話では発言しなくても参加していい場なのです。

6)プライベートな内容は守ろう
個人的なことを話してもらっていると、とてもプライベートな内容で口外しちゃいけないような話も出てきます。安心して話をしてもらうには、自分の知らない所で話が広がってしまうことがないようにしなくてはいけません。そのために、話の内容はその場限りとお願いしています。会の雰囲気を伝える際にも、参加者が特定されてしまうような記載は差し控えてもらうようにしています。

哲学対話によくあるルールの「人の話を最後まで聞く」に関してはルールとしては載せていません。ですが、私はコミュニティボールを必ず使用しますので、ボールの使い方として「ボールを持っていない人は、ボールを持っている人の話を聴こう」と説明しています。ルールではなく運用でカバーしています。

このように哲学対話ではルールがとても大事な役割を担います。
どんな目的のために哲学対話をするのか?どんな風に対話を進めたいのか?それによってルールを作っていくことが必要です。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第29回 2018年11月25日(日) 10:15~(受付10:00~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

対話コンでのマッチング実績

よく対話コンでのマッチングやカップリングした実績を聞かれることがあります。
なんですが、そもそも対話コンではマッチングをしないので、参加者同士がどのようになったのかわからないんです。
すごいよね。婚活・合コンと言いつつマッチングをしないイベント!?(苦笑)

対話コンの効果が全くわかっていないのかというとそうでもありません。

はじめに対話コンは、相手の価値観や人柄を知る、参加者同士が仲良くなることを提供しています。
その中で、私が十分な実績だと感じている部分がいくつかあります。

まず、毎回、参加者は皆さん楽しそうに対話をしている。自分の考えていることを話せることで、その人の内面をうかがい知れる。つまり、自己開示によって参加者同士の親和性が高まっている効果が表れています。
参加者同士が仲良くなっているので、対話コンのイベントが終了した後に懇親会を続けて開催することも多い。参加者の半分以上が懇親会に参加するし、懇親会ではお互いに仲良くなっているから、すごく盛り上がります。また、懇親会でよく出てくる言葉があって「私達、今日、初対面なんですよね(笑)」です。イベント終了後ではなく後日に参加者同士が飲み会やお花見を開催している話も耳にしています。街中でばったり参加者と再会するということもあったようです。
連絡先交換も対話コンのイベントとしては行っていませんが、イベント終了後には皆さん仲良くなっているのでスムーズに連絡先を交換しているケースが多いです。中にはLINEのグループを作成していたり、個人間だけでなく、みんなで繋がり合う関係が構築されています。
ご成婚されたという話は残念ながらなさそうです。ですが、後日デートに行った、親密な関係になっているという噂は耳にしています。お付き合いに関しては、すごく個人的な話ですので私が深く立ち入る、干渉するつもりはありません。誰と誰が付き合うとか、別れるとか、結婚するとか、あまり興味はないので各自が好きにして頂ければと思っています。
私の中で一番ありがたいと感じている実績は、夫婦間で話し合うきっかけになったことです。対話コンでは既婚者・夫婦での参加も可能です。普段、ずっと一緒に居ることでお互いが話す機会が減り、慣れや思い込みによってすれ違う、関係性が悪くなっていくことがあります。そんな中でお互いがひざを突き合わせて向き合うこと、話し合うことにつながるのが、イベントを開催してよかったと感じます。

このように、対話コンではマッチングを提供しないかわりに、相手を知って仲良くなることの成果を出していると私は思っています。
すぐに「付き合う」とか「結婚」するという結果が欲しい人には遠回りかもしれませんが、「相手の人柄を深く知っていく」「仲良くなって親密になる」その先にお付き合いが始まるかもしれない!?という方法が良い方には対話コンはおすすめです。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第29回 2018年11月25日(日) 10:15~(受付10:00~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

Twitter懸賞の応募者は捨てアカばかり

宣伝のため、Twitterによるプレゼント企画をしてみた。その結果、応募者は捨てアカばかりで全然宣伝にならなかったという体験談です。

プレゼント企画の内容は、抽選1名に500円のQUOカードをプレゼント。
応募の条件は、私のTwitterアカウントのフォローと、該当ツイートをリツイートすること。

狙いは、自分の活動圏外に居る人に向けて告知してもらう。あとは自分のフォロワーが少ないよりは増えた方がいい。

やってみた感想は、参加者が全然居なかったこと。応募したのは11人。少なすぎる。
正直、100人~200人くらいはリツイートして欲しかった。
これでは全く告知の範囲が広がらない。

さらに、参加者は懸賞用の捨てアカで応募している。そういうアカウントなので、投稿はすべて懸賞に関するツイート。なので、こういうアカウントへのフォロワーはアクティブではないユーザが多く、リツイートしてもらっても拡散効果が少ない、実際に使っている人に情報が届かない。

ユーザ個人への直接的な広告活動ならありなのかもしれません。
情報拡散や広告を目的としたTwitterの投稿による懸賞は、普段使っているアカウント、他のユーザとコミュニケーションを取っているアカウントでないと効果がない。
プレゼント企画を主催する側として、もし私が企業の担当者であるなら費用対効果を厳しく求めるでしょう。
私はIT業界経験者でもあるので、抽選プログラムには懸賞のリツイートしかないアカウントは除外する。フォロワー数が少ないアカウントは除外する。などの要件を入れるようにするでしょう。
なぜなら、宣伝効果が高いアカウントに対して景品を渡して、再度広告してもらえるように計算してしまいます。

やってみてはじめて気付くことがあると感じました。
今回は宣伝としては成功しなかったけど、経験としては新しいことを学ぶことができました。
そんなTwitter懸賞企画だった。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第29回 2018年11月25日(日) 10:15~(受付10:00~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

マリノスが残留するためには(10/7終了時点)

2018年はJリーグ史上最も降格争いが混沌としています。
マリノスは残留できるのか?
最多得点とか、堅守の崩壊とか、チームスタイルの変更がどうのこうのって、正直どうでもいいです。
早く残留の当確が欲しい。どうなれば残留できるのか調べてみました。

10月7日終了時点の成績と残りの対戦相手一覧です。

9位 清水 勝ち点40 10/20 VS 広島 11/02 VS 湘南 11/10 VS 名古屋 11/24 VS 神戸 12/01 VS 長崎
10位 横浜 勝ち点38 10/20 VS G大阪 11/03 VS 東京 11/10 VS 長崎 11/24 VS 鳥栖 12/01 VS C大阪
11位 神戸 勝ち点37 10/20 VS 川崎 11/03 VS 名古屋 11/10 VS 鳥栖 11/24 VS 神戸 12/01 VS 仙台
12位 G大阪 勝ち点36 10/20 VS 横浜 11/03 VS 浦和 11/10 VS 湘南 11/24 VS 長崎 12/01 VS 柏
13位 湘南 勝ち点35 10/20 VS 札幌 10/30 VS 磐田 11/02 VS 清水 11/10 VS G大阪 11/24 VS 浦和 12/01 VS 湘南
14位 勝ち点33 10/19 VS 名古屋 11/03 VS 川崎 11/10 VS 鹿島 11/24 VS C大阪 12/01 VS G大阪
15位 磐田 勝ち点33 10/21 VS 長崎 10/30 VS 湘南 11/03 VS 広島 11/10 VS 磐田 11/24 VS 札幌 12/01 VS 川崎
16位 名古屋 勝ち点31 10/19 VS 柏 10/28 VS 札幌 11/03 VS 神戸 11/06 VS C大阪 11/10 VS 清水 11/24 VS 広島 12/01 VS 湘南
17位 鳥栖 勝ち点30 10/20 VS 仙台 11/04 VS 長崎 11/10 VS 神戸 11/24 VS 横浜 12/01 VS 鹿島
18位 長崎 勝ち点28 10/21 VS 磐田 11/04 VS 鳥栖 11/10 VS 横浜 11/24 VS G大阪 12/01 VS 清水

調べることは3つ。
マリノスは18位に落ちる可能性があるのか?
マリノスは17位に落ちる可能性があるのか?
マリノスは16位に落ちる可能性があるのか?
そう、15位以上が確定すれば残留です。

さて、計算してみましょう。

マリノスは18位に落ちる可能性があるのか?
⇒ある
長崎が残り5試合に勝利すると勝ち点43。
マリノスが全敗すると勝ち点38のままで5ポイント抜かされます。
マリノスが長崎に負けても抜かされないためには、1勝2分2敗以上の成績が必要になります。

現時点での答えとして、マリノスが計算上18位に落ちる可能性がある以上、残留の当確はまだ出ません。

マリノスは17位に落ちる可能性があるのか?
⇒ある
鳥栖が残り5試合に勝利すると勝ち点45。
マリノスが全敗すると勝ち点38のままで7ポイント抜かされます。
マリノスが鳥栖に負けても抜かされないためには、2勝1分け2敗以上の成績が必要になります。

マリノスは16位に落ちる可能性があるのか?
⇒ある
名古屋が残り7試合に勝利すると勝ち点52。
マリノスが全敗すると勝ち点38のままで14ポイント抜かされます。
マリノスが名古屋に抜かされないためには、5戦全勝の成績が必要になります。

数字上では全く油断ができないのですが、実際は9位以下チームの対戦が多く残されており、勝ち点の潰し合いが起きます。なので全勝という設定はあまり現実的ではありません。さらに優勝を争う上位チームの対戦を残すチームもあります。
勝ち点38のままでは危ういことが否めません。せめて勝ち点42を超えれば、その時には残留できる可能性が高くなっているはずです。

せっかく一覧表を作ったので試合が終わることで勝ち点の計算をしていこうと思います。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第29回 2018年11月25日(日) 10:15~(受付10:00~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/