婚活でなぜ価値観が一番大切なのか?

はじめに質問です。
「結婚相手選びで重視したい条件はなんですか?」

・・・

婚活などでパートナーを見つけるとき、重要視されるのが「価値観」です。
なぜか、このようなアンケートでは、昔から男女ともに価値観が合うことが上位にランクインしています。

確かに、一緒に暮らしたり、長い時間を共に過ごすのだから価値観が合わないより、合う方が良いに決まっています。
でも、そもそも価値観っていったいなんでしょうか?
まずは、言葉の意味から。

価値観とは、 善・悪、好ましいこと・好ましくないこと、といった価値を評価・判断するときの基準となる考え方。何にどういう価値がある(何には価値がない)という判断基準。

Wikipediaより引用・改変

そうすると、「価値観が合う(合わない)」とは「価値の判断基準が合う(合わない)」という風に言い換えることができます。
しかし、価値の判断基準なんて色んな場合あるし、日が経てば同じ状況でも前回と違う判断することがあります。
例えば、
・新幹線は窓側の席がいいけど、通路側の席に座りたい時もある。
・誕生日は美味しいお店に外食で祝う、たまにホームパーティで楽しく過ごす。
・全身黒づくめの洋服ばかり着ている時代から、明るい原色の服を着るようになる。
・優先席でなくても席を譲る、優先席じゃないから譲らなくてもいいや。
・芸能人でも、スポーツでも、昔は〇〇を応援していたが、今は××を応援している。
など、いくらでも判断基準が変わることがあるでしょう。
その理由についても、いくらでもあげられると思います。

価値観というものは、自分自身でさえ変わらないものではありません。
なのに、他人と合うかどうか?
完全に一致することなんて、ありえないのではと思います。
しかし、全部ではなく一部の価値観ならば合うことはできるでしょう。
・夜の12時までには布団の中に入る。
・雨の日は外出しない。
このような価値観でよいのならば、価値観が合う人とすぐに出会えそうです。

でも、相手に求める価値観の条件がどんどん増えていき、完全に一致しないまで基準が上がってしまう。
確かに婚活において価値観はとても大切だ。
でも、具体的にどんな価値観が大切なのか?どれだけの価値観が合わないといけないのか?こういうことを意識したり、考えたことないのではないか。
まずは、自分が大切にしている価値観について理解することが必要だと思います。


〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

「価値観が合う」とはどういうことか?

パートナーや相手に求める条件はなんでしょうか?

数多くの雑誌などの調査で「結婚相手に求める条件」のトップで、昔からずっと最優先されるのが「価値観が合うこと」です。
価値観が合わない人より、価値観が合う人の方がいい。それはその通りだと思います。価値観が合わない人とは、対立や衝突することも多くなるし、一緒に居て気が休めない、楽しくない時間を過ごすことになります。
実際に結婚相談所を利用している男性の話によると、女性10人居れば10人が同じことを言うそうです。それは何か?と聞いてみると「価値観が合う」とのことです。しかし、具体的にどんな価値観なのか聞いても誰も詳しく言えないそうです。

それは、そのはずです。

「あなたが大切にしている価値観とは何ですか?」

このように自分の価値観を言わなくてはいけなくなった時、意外と言えないものです。
例えば、「旅行に行くことです。」・・・んん、でも、年に1度くらいだし、価値観というよりそれは趣味なのかもしれない。
「気が合うこと。」・・・具体的にどんなときなのか説明できないし。
デートでクーポンを使用したり、ファミレスに行くような価値観はありなのか?なしなのか?
このように、自分自身と向き合って、自分の価値観を説明できますか!?
価値観が合うことを求める前に、自分自身の価値観について向き合うことが必要です。

では、視点を変えて、結婚している夫婦の価値観は合っているのだろうか?
既婚者の方を対話をしてみると、意外と価値観は合っていないようです。
夫婦お互いの趣味が違い週末は別々に楽しんでいる。でも、結婚して30年とか。
アルコールを飲む旦那様と、飲まない奥様の夫婦もいました。
結局は生まれ育った環境が異なる他人であると思っている夫婦が多数です。

夫婦生活を続ける上で大切な価値観は趣味ではなく生活感のようです。
味の好みとか、お金の使い方、生活リズムなどが合っていることが不可欠です。これらが合わないと一緒に暮らしていけない、生活できないということでしょう。

そうすると価値観という点で考えてみると、相手やパートナーにどのようなことを望んでいるのか?はっきりさせることが大切そうです。
趣味で一緒に楽しく遊んでいく相手なら、趣味の価値観だし、一緒に生活をする相手なら、生活の価値観が合うことが求められます。

「価値観」
つい簡単に使いがちな言葉ですが、あなたはどんな価値観を大切にしていますか?



〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

対話コンが長野日報と岡谷市民新聞に掲載

2019年2月23日
長野県岡谷市のカルチャーセンターにて「初対面でも分かり会える対話力」+「岡谷対話コン」講座を開催しました。

翌日、24日の長野日報と岡谷市民新聞に講座の内容紹介記事が掲載されました。
ローカル紙ですが、初めて対話コンの取り組みと私が掲載されています。

イベントをより良くするための課題が少しありましたが、 参加者のアンケートより全体としての満足度は高く、対話の必要性を学べて、哲学対話の実践もあり充実した講座を開催することができました。

講座は「価値観とはなんだろう?」で哲学対話。
多くの人が必要条件としている価値観。それでいて離婚原因のトップでもある価値観の相違。
対話中でも、
・割り勘の是非!
・初回のデートでクーポンを使うのはあり得ない!
・クーポンでお得にするのは、生活を共にする時にはいいことなのでは?
・デートでファミレスはありか?
・一緒に住んでいても価値観は合っていない!
・そもそも価値観でなくルックスで相手を選んでいる!
・価値観と言う前にまずは付き合わないと価値観すらわからない!
・相手を思いやれることが大切!
・相手を正しくコミュニケーションを取ることが必要!
など、人それぞれ大切にしている価値観を伺い知れました。
でも、価値観とは何なのか?結局わからず、問いを持ち帰って頂きました。

対話コンでは、哲学対話の手法を使って、みんなで一緒に話をする、みんなの話を聞く、興味関心あることについて一緒に考えるを行っています。
それで、相手の考えや内面を知り、楽しく対話することと、仲良くなることを目指して取り組んでいきます。

日本全国、どこでも開催致しますので、今までの婚活事業で上手くいってない、新しい試みを行うことを検討しているなど、どうぞお気軽にお声がけください。


〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

家事・育児への姿勢がわかる対話コン

「育児は手伝うじゃないんだよ!一緒にやるものなんだからね!!」

今は昔とは違って、夫が外に働きに出て、妻が専業主婦という時代ではなくなりました。結婚しても、共働きするのが当たり前になりつつあるし、実家が遠いと育児や家事をお願いするのも困難です。なので、一緒に生活をすることになった際、男性の家事や育児に対する姿勢は、良い夫婦やパートナー関係を作って行く上でとても大切になります。

男性が家事をしない、育児はやらない。マジ最悪な夫はいらない!
女性が仕事するわ、家事もするわ、育児もするわ、なんていう無理な生き方にならないようなパートナーを見つけたいですよね。

よくある、合コンや婚活パーティーでは家事や育児に対する姿勢はわかりにくいです。お互いに容姿や条件などのスペックを重視してマッチングを目指すからお互いの価値観や考え方、内面についてはよくわからない。

対話コンは男女の価値観の違いとか、お互いの考え方について知り合えるイベントです。
過去に女性の参加者からこんな発言がありました。

「育児は手伝うじゃないんだよ!一緒にやるものなんだからね!!」

この発言になる前、男性の参加者から結婚した後のイメージについて、ご自身の価値観の発言がありました。
「周囲の人から聞くと、自分の時間や自由がなくなってしまう。」
「土日は家族サービスで好きなことができない。」
「子どもが生まれたら育児を手伝うことになるから時間がない。」
その後に、女性の参加者から、
「育児は手伝うじゃないんだよ!一緒にやるものなんだからね!!」
という話の流れになりました。

この対話は男女の価値観の違いがわかりやすく出たシーンです。

女性側としてみれば、結婚や一緒に生活することは、男性からサービスを受けることではないし、子育てについても手伝うというスタンスではない。お互いが一緒に取り組んでいくこと。という価値観がわかります。
一方、男性側も決して悪意があっての発言ではありません。昭和の男性像ではなく、仕事がない休みの日は家族と過ごす。子育ては大変だから手伝いたい。という姿勢や価値観についての発言でした。
でも、それではまだ認識が甘く、無自覚で男性上位の発言と行動である。

こういうような対話ができると、相手の内面を知れます。
男性は自分の考えや取り組みがまだ不十分だと認識できるし、女性は相手の家事や育児に対する取り組み方の姿勢が、結婚・お付き合いする前に知ることができます。

対話コンはマッチングはなく、参加者と一緒に対話だけをしています。
結婚相手やパートナーを見つけるのに、遠回りのようで一番の近道なのかもしれない。
そんな、内面を知るアプローチに取り組んでいます。
相手の姿勢や価値観を知り合うために対話しましょう!


〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

対話コンでのマッチング実績

よく対話コンでのマッチングやカップリングした実績を聞かれることがあります。
なんですが、そもそも対話コンではマッチングをしないので、参加者同士がどのようになったのかわからないんです。
すごいよね。婚活・合コンと言いつつマッチングをしないイベント!?(苦笑)

対話コンの効果が全くわかっていないのかというとそうでもありません。

はじめに対話コンは、相手の価値観や人柄を知る、参加者同士が仲良くなることを提供しています。
その中で、私が十分な実績だと感じている部分がいくつかあります。

まず、毎回、参加者は皆さん楽しそうに対話をしている。自分の考えていることを話せることで、その人の内面をうかがい知れる。つまり、自己開示によって参加者同士の親和性が高まっている効果が表れています。
参加者同士が仲良くなっているので、対話コンのイベントが終了した後に懇親会を続けて開催することも多い。参加者の半分以上が懇親会に参加するし、懇親会ではお互いに仲良くなっているから、すごく盛り上がります。また、懇親会でよく出てくる言葉があって「私達、今日、初対面なんですよね(笑)」です。イベント終了後ではなく後日に参加者同士が飲み会やお花見を開催している話も耳にしています。街中でばったり参加者と再会するということもあったようです。
連絡先交換も対話コンのイベントとしては行っていませんが、イベント終了後には皆さん仲良くなっているのでスムーズに連絡先を交換しているケースが多いです。中にはLINEのグループを作成していたり、個人間だけでなく、みんなで繋がり合う関係が構築されています。
ご成婚されたという話は残念ながらなさそうです。ですが、後日デートに行った、親密な関係になっているという噂は耳にしています。お付き合いに関しては、すごく個人的な話ですので私が深く立ち入る、干渉するつもりはありません。誰と誰が付き合うとか、別れるとか、結婚するとか、あまり興味はないので各自が好きにして頂ければと思っています。
私の中で一番ありがたいと感じている実績は、夫婦間で話し合うきっかけになったことです。対話コンでは既婚者・夫婦での参加も可能です。普段、ずっと一緒に居ることでお互いが話す機会が減り、慣れや思い込みによってすれ違う、関係性が悪くなっていくことがあります。そんな中でお互いがひざを突き合わせて向き合うこと、話し合うことにつながるのが、イベントを開催してよかったと感じます。

このように、対話コンではマッチングを提供しないかわりに、相手を知って仲良くなることの成果を出していると私は思っています。
すぐに「付き合う」とか「結婚」するという結果が欲しい人には遠回りかもしれませんが、「相手の人柄を深く知っていく」「仲良くなって親密になる」その先にお付き合いが始まるかもしれない!?という方法が良い方には対話コンはおすすめです。

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

振り返りシートを対話コンに導入します

対話コンのイベントを終える際に振り返りをしてもらうことにしました。

今までの対話コンでは、時間になったら終わり!もしくは、一言感想を言ってもらう!みたいなやり方をしていました。
楽しく対話してもらって終了で良かったのですけど、それでは何も残らない。相手と自分の価値観に向き合うために、取り組んでいるのが対話です。今まで考えたことがない内容や、自分が大切にしている内容がなんであるのか、考える場なのに、その瞬間では覚えていても、後日には忘れてしまうことがあります。これではもったいないな!?と思いました。
イベントの質や効果をもっと高めるためには、イベント内容を振り返ってもらう時間を取る方が良いと思いました。

なので、イベントの振り返りをしてもらうことにしました。
振り返りを行うための記入シートを作成しましたので公開します。

その会で話したテーマと満足度、他者と価値観の違いはなにか、対話での新しい気付きはなにか、今度に生かせそうなことの4つを振り返ってもらいます。
何度も対話コンに参加して頂いて、振り返りを残していくことで、自分が大切にしている内面を見える形に変えられると思っています。

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

哲学対話で見えたポリアモリーの大切なポイントとは!?

当事者が幸せならばそれでいいじゃないか。

ポリアモリーとは、関係者全員の合意に基づき、多重的な性愛関係やロマンチックな関係を営むライフスタイル、また その関係性のことである。

ポリアモリーを実践している、きのコさんをゲストにお越し頂いて『対話コン ~ポリアモリー×哲学対話~』を開催しました。
哲学対話の手法によってポリアモリーを題材にして探求したらどうなるのでしょう?

はじめに、きのコさんにはお付き合いしている恋人がふたりいます。
複数人と同時に交際するライフスタイルの人をポリアモリーと呼んでいます。きのコさんは自分がポリアモリーだと自認してて、メディアや交流サロンなどの活動と発信をしています。
(逆に今の日本で大多数である1対1の交際をモノガミーと呼びます。)

ポリアモリーを実践する上で欠かせないポイントがあり、それは「関係者の合意」です。
きのコさんは、今日食べたいもの、休みに行きたいとこなど、なんでも、それがどんな些細なことでもまな板の上に出して話し合い決めています。もちろん、新しく好きな人がができたときやお付き合いを始めたいときなど、意見が対立しそうな大きいことも、お互いが納得できるポイントを見つけ出すまで話し合いと相談をするそうです。
その結果、きのコさんの場合は交際関係の3人がお互いに仲良しという状態になっているとのこと。

では、複数の人と交際する中で、誕生日やクリスマスなど記念日をどのように過ごすのか?そして、交際相手に対して優先順位が付かないのか?時間やお金など物理的な制約がある中で、きのコさんはどうやっているのか疑問が出てきました。
きのコさんの場合は、記念日やセレモニー的なことは重要視していない。誕生日に必ず何かしなくてはいけないと感じていない、12月24日も都合が悪いから20日に前もってする感じとのことです。交際相手も記念日を優先していないので、問題は起きないそうです。
そして、相手によって優先順位もつかないそうです。相手によって役割や求めている内容がみんな違っていている。落ち着きたいときに一緒にいる彼氏、行動的な話をしたいときに一緒にいる彼氏、それは、同じ種類で比べられなく、そもそも質が違っている。例えるなら、友達付き合いで、ランチに一緒に行く友達、カラオケに一緒に行く友達、映画に一緒に行く友達のように、目的によって人がそれぞれが違う、それにはどっちが上、どっちが下という優先順位を付けるのは違うとのことです。
ポリアモリーにおいて、優先順位が付くのではなく、求めることによって役割が分担されていて、同時にお互いが共存していることが、欠かせない要素のように思います。記念日の過ごし方を含めて、関係者全員の合意しているからこそ実現できていると思う。

しかし、合意があるとはいえ、複数の人と同時に交際関係を持つことは当たり前ではありません。例えば、浮気や不倫に対する世間のイメージは良くありません。複数の人と付き合うや、性愛関係を持つのがしてはいけないことだとされています。
きのコさんの場合では、学生時代の1クラスのA君が好き、2クラスのB君が好き、サッカー部のC君が好き、という感覚で人を好きになります。私はこのような感覚で好きというならば、同じように感じるし、悪いことという印象はありません。子どもの時に誰かを好きになる感情は同級生同士の話でも似たような感覚はみんな持っていたと思います。
ですが、大人になるにつれて、お付き合いを始めるとなると、子どものピュアな感覚が許されなくなります。そこには、そもそも、複数の人と付き合ってはいけない前提が社会にあります。日本の法律においても重婚は認められていません。お付き合い、夫婦などの名前で関係性が結ばれているならば、そこにはしても良いことと、してはいけないことが存在します。
そのため、ポリアモリーは前提から外れて珍しい恋愛をしている人達という風に好奇の目で見られています。

Q.人は一生涯同じ相手を愛し続けられるのだろうか?
Q.どうして複数の人を好きになってはいけないのか?
Q.どこからが浮気?(ふたりで会う、手を繋ぐ、SEX、心が移る、などなど・・・)
Q.どうして結婚するのか?
Q.なんでお付き合いをしたいの?

これらの問いは人によって答えはみんな違うし、そもそも正解なんてひとつではありません。むしろ正解自体すら存在しないかもしれません。
模範解答がない中で、週刊誌、ニュース、ドラマなどで複数の人と交際することはいけないと報じられて、もし浮気や不倫をしたのなら非難の嵐で、社会的にその人を抹消するまで叩かれます。ひとりだけと交際し一生涯添い遂げることが、あるべき姿だと報じられます。

人間、みんなが同じ価値観を持っているわけではありません。
きのコさんが最終的に目指している状態とは、人とは違う価値観のライフスタイルを過ごしていたとしても「そういう人もいるよね」と流してくれること、批判をするのではなく、温かくほっとかれるようになって欲しい。わざわざポリアモリーという言葉を使って自分のライフスタイルを名乗らなくてもいい、ポリアモリーという言葉が必要ないように、発展的になくなることを目指しているそうです。
哲学対話の活動に置き換えると、自分が当たり前や前提とされていることを疑ったり、問うことを通して、多様性を認め合う、相互に承認し合えるようになる目的が同じだと感じました。

ポリアモリーにも当事者同士で色んな形がありポリアモリーだからといってみんな同じという訳ではありません。
そこで、ポリアモリーに対する共通認識がどうしても必要になります。
きのコさんがポリアモリーにおいて大切だと思っていることは、本人がポリアモリーかどうかを決める(名乗る)もの。
第三者が、これはポリアモリー、あれはポリアモリーではない、この人が真のポリアモリー、あの人は偽のポリアモリー、という風に判断しないことだそうです。当事者同士の関係性によって成り立っているポリアモリーなので、環境や状態、条件によって万人に共通する明確に線が引けない。当事者でないとわからない関係性がそこにあるため、第三者の主観や推測で相手を推し量ってはいけないのです。
なので、当事者間において嘘や隠し事がない、それが担保されていれば、例え、ハーレムだろうと、愛し合っていてハッピーであればいい。つまり、合意が必ずそこにあって、誰も傷付いてない、苦しんでない、泣いていないのであればポリアモリーと言いたいのであれば呼んでいいのです。

「関係者全員の合意があり、誰ひとり不幸せではない!」
これがポリアモリーとしての、一番大切なポイントです。

すごく大切な部分なのでもう一度言います。

「当事者同士がお互いに合意している関係性ならは、それが世間の常識とかけ離れていたとしても、誰ひとり不幸になっていなければ問題がない!」
当事者が幸せならばそれでいいじゃないか!?ということです。

ポリアモリーとして大切なことで紹介しましたが、普段での人間関係において共通することでもあると思います。
相手に対して嘘や隠し事をしない。相手に対して正直であること。自分のしたい欲求に対しても正直であること。相手と向き合い、話し合うことを通して合意できるポイントを見出すこと。それは、世間の常識や当たり前に縛られる必要はなく、だれも悲しむことにならないのなら、第三者が批判することではない。

この点が守られているのならば、呼び名として、お付き合いしていようと、恋人関係であろうと、夫婦であろうと、友達だったとしても、それにはあまり関係はなく、人と人が良い関係性を構築するために大切なことだと思います。

イベントの後半は、参加者が問いてみたいテーマ
「パートナーと対等な関係を作るには何が必要?」で哲学対話をしました。

以下のような意見が出てきました。
・男性と女性で対等な関係になっていない。
・仕事でお金を稼いでくる男性が偉くて、稼ぎが少ない女性とは対等でなくなってくる。
・女性は家事に育児に大変な日々を過ごしていることを理解して欲しい。
・依存する関係だと対等な関係でなくなる。
・お互いに合意や尊重し合えるのが対等。
・何かをした時にそれに見合うエネルギーが返ってくるのが対等。
・対等はお互いに尊敬し合っている状態。
・条件に関係なく人として存在していれば対等である。
・肩書に関係なく対話をしている状態が対等である。
・何でも納得するまで否定しないで話し合えると対等な関係になれる。
・対等ではないのは我慢をしたから。
・女性の立場で金銭的に自立することは今の日本では難しい。
・結婚の制度や契約で女性は対等な関係が守られると思う。
・対等になれるのは結局パートナーの人柄次第。
・対等は万人の上にあるものなのかわからない。
・対等は二人のぶつかり合いで作るようなものだと思う。
・対等はそもそも必要なのか。
・双方の満足感が対等な関係に必要ではないか。
・対等な関係を作るには年収などで相手を判断しないこと。

対等ってなんでしょうね!?

このような感じで「対話コン ~ポリアモリー×哲学対話~」は大盛況のうちに終了しました。
とても楽しかったので、また、ポリアモリー×哲学対話でイベントを開催したいです。
ご参加頂きました皆様、そして、きのコさん、誠にありがとうございました。

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

どうして婚活は上手くいかないのか?

婚活パーティー、マッチングアプリ、結婚相談所など、数多くの出会いや婚活するための方法があります。
これらのサービスを実際にやってみたことある人や、まわりでやっている人もいると思います。
時間とお金を使った結果、パートナーは見つかりましたでしょうか?
もし、見つかっていない場合、結婚相談所ならその成婚率は知っていますか?
2006年に経済産業省が行った調査結果(「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書」について)によると、結婚相談所で8%程度です。私が直接業者に聞いた話だと、個人でやっている小さい結婚相談所では3%程度とのことでした。
結婚相談所の成婚率は10%に満たない、9割以上の人が結婚にならないのです。
マッチングアプリでは数千万組ものマッチングが成立していると表示されます。ですが、マッチングアプリなんて、いいね!を押して、いいねありがとう!を押し返すとマッチング成功になります。実際にお付き合いどころか、デートに行けるかもわからないのです。

つまり、婚活って全然マッチングしないし、成功率が低いのにはやはり理由があります。
「なんで婚活はうまくいかないのか?」
女「収入が安定してて、優しくて、、、」
男「自分より若くて、カワイイくて、、、」
一言で説明するならば、条件やスペックによる出会いだからです。

年収は500万円以上。年齢は20代後半まで。GMARCH以上の大学卒。スタイルは普通か痩せ型。公務員などの安定した職業に就いている。などなど、自分が望む条件はいくらでも挙げられます。かといって、条件をはじめに指定しないとなると、パートナーを探している相手を全部見ていくことになります。
そうなると、結婚相談所に登録している人達、マッチングアプリに登録した人達、数千から数万人の中から相手を選びます。婚活パーティーに集まった人達でも数十人はいるでしょう。その大勢の中から自分に合うパートナーを見つけるのに、ひとりひとり吟味していたら時間はいくらあっても足りません。そのため、最初にすることは希望する相手の条件、スペックを指定することから始まります。

年齢、年収、職業、身長、体型、婚姻歴、顔写真などから、自分の希望に見合う人を効率よく絞りこむ。短時間で条件を絞ることに関してはすごく友好な方法です。パートナーに求めることが条件だけですべて済むのならばこの方法で問題ないでしょう。しかし、お付き合いするパートナーが機械や条件ではなく人間である以上、その相手との価値観や世界観など考え方も大切になっていきます。

実際に、メディアで発表されている、異性に求める条件の上位に、価値観や気が合うことを多くの人があげています。
マイナビウーマンが2017年3月29日にに発表した「結婚相手に求めるものランキング発表! 求めるべき条件って?」の結果によると
●男性が結婚相手に求める条件ベスト10
第1位 性格が合うこと…66.8%
第2位 思いやり…55.3%
第3位 誠実さ(浮気をしない)…47.2%
第4位 人生観の一致…40.7%
第5位 容姿…40.2%
第6位 体の相性…37.2%
第7位 家事能力…34.2%
第8位 包容力…33.7%
第9位 自分の仕事への理解…32.7%
第10位 年齢…29.2%
●女性が結婚相手に求める条件ベスト10
第1位 性格が合うこと…80.3%
第2位 思いやり…77.1%
第3位 誠実さ(浮気をしない)…70.6%
第4位 収入…56.4%
第5位 包容力…56.0%
第6位 人生観の一致…50.5%
第7位 食事の好みの一致…49.1%
第8位 容姿…33.7%
第9位 ユーモア…36.2%
第10位 年齢…35.8%
【データ出典】
『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数407件(22歳~39歳の交際経験のある未婚男女)より

性格が合う(気が合う)とか、価値観が必ず上位にランクインします。

この、価値観とか人の考え方というのが不確定なことなので厄介です。いくら考え方をデータとして正確に入力しても、人の思考なので絶対に正しいとは限りません。機械的にマッチングすることができないのです。
もちろん、どの婚活にも1対1でのトークであったり、グループによる会話だったり、お互いの価値観を知るアプローチがあります。ただし、条件を満たした人の中から、さらに価値観が合う人を探すことになります。価値観が合うけど、希望する条件に当てはまらない人とは永遠に知り合えません。今の婚活では条件が先にあり、価値観などの内面的な部分はその後です。

年収を条件にしても、希望している年収と実際の平均年収とは差があります。
25~29歳の平均年収は373万円(男性:393万円/女性:353万円)
30~34歳の平均年収は403万円(男性:457万円/女性:315万円)
35~39歳の平均年収は433万円(男性:512万円/女性:300万円)
【データ出典】厚生労働省の統計データより
また、女性の社会進出により、男女における賃金格差はそもそも少なくなっている方向に向かっています。
終身雇用制度はなくなり、大手企業でも倒産するリスクがあります。予期せぬ病気や事故によってずっと働き続けられるかもわかりません。希望する相手の年収が永遠に続く保証はないのです。
昔のように専業主婦を望んでいる方は、夫の年収が高い必要がありますが、共働きをするならば、年収が条件ではなく、家事の分担、育児の分担を男がやってくれるかどうかの方が重要になってくることもあります。

少子化している中で、学歴とされる大学への進学は簡単になっており、今では大学全入時代とも呼ばれています。文部科学省の調査では49.6%が現役で大学に進学します。
高等学校卒業者の進学率の推移(現役進学率)

【データ出典】文部科学省「平成29年度学校基本調査について」より
さらに生徒の数は減少していますが、大学の数は減っておりません。そのため、上位の大学に入学できる人も増えており、20~30年前とは異なり大学卒は当たり前であるように変わっています。

人はまず相手の見た目から入ります。容姿やスタイルなども、自分好みの条件を選びます。体型は運動やトレーニングによって維持することはできます。しかし、容姿は変わります。細胞分裂が年を重ねていく内に減少していくので、どうしても、肌の張りとか、シワやシミ、白髪など老いが進みます。出産により体形が変わるということもあります。同様に年齢はお互いに毎年、年の数が増えていくので、永遠の20代は続きません。
年齢や容姿は大切なポイントではありますが、それが変わっていったときに相手に対して望む条件であり続けるのは難しいでしょう。

つまり、自分が望んでいる条件が、今の社会構造とか情勢と照らし合わせて高望みになっていないか?現実的な条件であるのか?自分のキャリアプランやライフスタイルと合っている条件を優先しているのかどうか?今、相手に望んでいる条件ではなく、変化があっても受け入れられる条件なのかどうか?条件のメリットとデメリットについて考えていますか?
条件によるマッチングでは、相手の内面が知れないこと、目先の条件を優先してしまうこと。これが、婚活においてうまくいかない構造的な理由です。

〔対話コン ~対話で向き合う愛の形~〕一覧へ

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

対話コンはどのように始まったのか?

婚活、合コン、すでに数多くの男女が出会うイベントがある中「対話」を掲げて始めた、婚活や合コンを兼ね備えたイベント「対話コン」。婚活や合コンイベントの常識と正反対となるコンセプトばかりのイベント。未婚者だけでなく既婚者の参加が可能。小学生から高齢者まで年齢制限がない。服装は普段着でよく、着飾って参加する必要がない。マッチングも行わない。参加者の自己紹介すら行わない。ただ、みんなで一緒に「対話」だけをする。そんなコンセプトでどうして参加者同士が仲良くなってしまうのか?相手の価値観を知れるのか?自分の価値観がわかるのか?結婚や愛について理解が深まるのか?対話コンが始まった経緯についてまずは説明します。

2016年5月、私は「対話」を中心としたファシリテーションやイベント・ワークショップに取り組んでいました。
その時、一般社団法人子どもの成長と環境を考える会から県立青森高校で哲学対話のファシリテーターの案件を頂きました。生徒達が主体性を持って探求する能力であったり、能動的に学ぶことで、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図るための特別講義を開催するとのことです。そのための手法として「哲学対話」を学校に導入していました。学校で授業をするにあたって、教育分野に限らず、哲学対話の活動を行っている、東京大学大学院総合文化研究科の梶谷先生を主役にお招きして1泊2日の大掛かりな講義を行っておりました。

泊りがけの仕事には夜の懇親会がつきものです。今回も例外なく青森高校の方と派遣されたファシリテーター達との間で懇親会が開かれていた時のことです。
哲学対話についてあれこれ話をしている内に、先生いわく、「哲学対話と婚活はすごく相性がいいよ!」
えっ!?どういうことなのか?
もっと詳しく聞いてみたら納得でした。

昨今の晩婚化や未婚化によって結婚のために婚活をすることが一般的になりました。結婚相談やお見合いをする際、男女が表面的な条件や相性、損得で考えるのではなく、お互いの価値観や人間性を深く知り、理解し合うのに哲学対話が力を発揮する。そのために愛について語り合う。相手のことを深く知り合えれば仲良くなるし、パートナーも自然と見つかる。
実際に先生が上天草の婚活パーティーで哲学対話をしたり、東京大学の文化祭でも愛について対話を実施しているとのこと。その成果として参加者の皆さんが楽しく対話をしていたというのです。明確なお付き合いとか、ご成婚という実績ではなけれど、まずはお互いが楽しんでいるということが成果であることは間違いないでしょう。

その話を聞いて、私は、直感で絶対に楽しいし、対話による婚活の方が運命のパートナーを見つけられると確信しました。
先生に「そのイベントを私がやってもいいですか?」とたずねて「いいよ」という返答をもらって、はじめたイベントが対話+合コン(婚活の婚)で「対話コン」です。

婚活と哲学対話は確かに相性がいい。その通りだと思います。
なぜならば、哲学対話の効果と、婚活の新しい方法として新進気鋭な取り組みになるからです。

私が対話の活動をしている中で、その効果と感じているのは自己理解と他者理解です。対話をすると自分自身と向き合い、今までの行動を振り返り、相手のことを理解することが、とても効果的な方法です。
対話をするには、言葉にするために自分の頭で考えて、言う必要があります。話をしている内に考えがまとまる経験をしたことはありませんか。ただ、考えるのではなく、自分に向き合うということは、長所と短所、思考パターン、思い込みなどを認識すること。
「自分の長所ってなに?」
自分が思っている長所は相手が思っている長所と違うことがあります。
「どんな思い込みや考え方の癖がある?」
習慣や繰り返しによって物を考える方法がパターン化します。思い込みによる発言や行動もあるでしょう。
「あの時の行動はどうしてうまくいったのか?」
「この時は何が良くなくて失敗したのか?」
原因や理由について振り返ること。普段ではついつい行動の振り返りをしないまま過ごしてしまうことがあると思います。良かったことは偶然ではなくまた取り組めるようにする。悪かったことは修正して同じ失敗をしないこと。
自分の考えていることや、行動したことを振り返るのに対話が向いています。
同じように対話をする相手も、考えて、話す。お互い、相手の話に耳を傾ける。このような対話をすることで、自分が大切にしていることと、相手が大切にしていることが、分かり合える効果があります。
哲学対話は誰にでもできる。哲学とついていますが、愛とはなんぞか?小難しいことを話し合うことでなく、有名な哲学者の理論を覚えることでもありません。普段、身近に思っている小さな疑問をみんなで一緒に話せばいいのです。
ちゃんと話すと仲良くなることと、誰にでも取り組みやすいことが、大きな魅力です。

結婚相手やパートナーと幸せに過ごすには、仲が良いことが望ましい。仲良くなるためには、相手のことを知る、お互いに知り合う、共に歩むために、腹を割ってちゃんと話をする。パートナーと良い会話はできていますか?なので、パートナーと対話をして理解し合い、仲良くなることが必要なのです。

次に、良い対話をするには多様性、色んな属性の人がいた方がいいです。なので、対話コンでは婚活・合コンイベントのコンセプトと正反対となる、既婚者の参加が可能、年齢制限なし、服装は自由、マッチングを行わないで開催しています。
なぜなら、未婚者しかいない集まりで、「結婚生活で譲れないものは?」という対話をしても、お互いに空想です。現実に即していない話をしても有意義ではありません。その対話の場に既婚者がいて、その方は何が譲れないものなのかを聞いた方が、同じようなことを考えている未婚者はいるし、違う考えがあることを知る未婚者も現れます。
「結婚する相手はどうして近い年齢でなくてはいけないのか?」年の差カップルはどうしてダメなのでしょう?運命のパートナーは同世代の中に居るとは限りません。表面的な条件で相手を切り捨てるのではなく、年代による価値観の違いを知ることや、可能性を広げるためにも年齢制限はありません。
婚活のイベントではドレスコードがありますが、かしこまった服装では緊張感を生み出すので、自由な対話の雰囲気にそぐわない。だから、服装も自由。
挙句の果てには婚活・合コンと言っているのに、マッチングを行わない。その理由は、主催者として無理やりつなぎ合わせる必要がないからです。ちゃんとお互いの価値観について話をして、お互いの内面を知り合い、お互いに気が合うと思った人同士なら、自然とお付き合いが始まり、ご成婚まで至るからです。
つまり、婚活イベントが数多くある中で、対話コンは後発イベントなんだから、個性的な特徴は不可欠です。なので、常識からぶっ飛んでいる特徴とコンセプトが対話コンの武器になると考えました。

きっと苦難やうまく行かないこともあるでしょう。それでも、私が対話コンに取り組みたい理由は、対話する文化を広めたい。良い対話をするとすごく楽しい。なにより、異性に対して興味あるし、運命のパートナーを見つけたいからです。
対話コンが途中で頓挫することは考えませんでした。逆にどんな困難があっても、良い取り組みであると認知が広まると同時に、参加者に良いパートナーが見つかる結果を出すという強い決意がありました。

このような経緯を経て、2016年7月10日、第1回目となる対話コンがスタートしました。

〔対話コン ~対話で向き合う愛の形~〕一覧へ

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

はじめに

愛とは何か?結婚とは何か?価値観とは何か?
生きている中でいつの時代だって、みんなの興味や関心が高い内容です。
もし、あなたが万人に共通する答えを求めているなら、残念ながらそのような答えはない。
あなたと他の人が同じ境遇や体験、感性を持っていないのだから、人によって違うのは自然なことです。

ですが、すべての人で異なっているわけでもなく、ある程度の人達が共感したり納得する普遍的な原則や共通点は存在する。
自分ひとりだけの狭い視野の中では気付けないことが、対話をすることによって、他人の価値観でわかるようになったり、異なる意見とぶつかり合うことで本当に大切なことに到達することができます。

私は、2016年より「対話コン」という、異性の価値観と向き合う対話のイベントを開催しています。
昔からある言葉の通り”十人十色”。色んな人の価値観や意見にふれ、数えきれない人と対話を積み重ねました。愛とは?価値観とは?参加者と共に深め合い探求して見えたカタチがあります。これが正解、これは不正解ということでなく、それぞれの人が自分にとって大切なことを向き合ったカタチを紹介することで、なんらかの方向性が見出せればと思いました。
ここに訪れた人にとって少しでも役に立つことを願っています。

〔対話コン ~対話で向き合う愛の形~〕一覧へ

〔 哲学対話の依頼・仕事を承ります! 〕
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆ 対話のイベント&研修 ◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第46回 2019年8月31日(土)〔東京・江戸川〕
詳細やお申込みはこちらより
第47回 2019年9月29日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*ポリコン(ポリアモリー合コン)
ポリアモリーに前向きな興味や理解がある方々のための合コンです。
パートナーの有無やセクシャリティ・ジェンダーなど一切問いません。
彼氏探し・彼女探し・友達探しはもちろん、恋人との参加も歓迎。
ポリアモリーフレンドリーな合コンイベントです。
2019年9月1日(日)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

● 対話力育成コーチ武のSNS ●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/