都立雪谷高校にて哲学対話

本年も都立雪谷高等学校の新入学生280名に哲学対話の授業を行いました。

哲学対話とは、共通ルールのもとみんなで決めた問いについて対話をします。
名前に哲学とついていますが、「愛とは?」「正義とは?」といったような小難しい”哲学”をする必要はなく、日常的なことについて話し合います。
「カッコいい洋服はどんなもの?」「どうすれば健康な生活になるの?」「家で1番落ち着く場所はどこ?」といった身近なテーマで構いません。
人によって意見が違う、正解のない対話を通じて自ら問いかける、考える、相手を理解する力を養えるのが哲学対話です。

今回は新入学生対象なので、同級生との雰囲気づくり(本音で話し合って仲良くなる場を作る)、そして3年間学校での学ぶ姿勢をつくること(自分達で疑問を持ち考える)を目的として導入しました。

1学年全員に対する授業なので教員7名、学生・社会人ボランティア26名が生徒の学びをサポートするファシリテーターとして一緒に対話に参加します。
学校でこのような授業を行うには同じ品質で同時に展開する必要があり、そのために定期的に哲学対話の研修を重ねて人選されました。

学び合う良い対話のために、対話のルールとコミュニティボールの使い方をちゃんと伝える。
沈黙・誰も話さない時には、「黙っていもいいよ」「無理して話さなくてもいいよ」「考えているだけでも参加している事になりますから」と安心させてあげる。
些細な疑問やばかばかしいことでも、まずはファシリテーターが見本を見せるような問いかけや振る舞いをする。だけど、仕切り過ぎない。
ファシリテーターも参加者として意見を言っていい。だけれども、哲学をガンガン深める必要はないので難しいことをしないのが大切です。

私の担当したグループでは、「なんで高等学校が必要なのか?」「死んだらどうなる?」「なぜ足の早い人遅い人がいるのか?」「なんで勉強するのか?」などのテーマが上がって、多数決の結果「なぜ人は夢をみるのか?」で対話をスタートしました。

夢を見て実際に起こる正夢があったり、なんで夢を見るのか、良い夢と悪い夢の違いはという流れで問いを深めていきました。
普段話さないようなテーマで対話をしたという経験になったことが良かったと思います。

他のグループでもそれぞれのテーマで対話を通して良い経験になったことでしょう。

この対話の経験をもとに充実した高校3年間を過ごせることを期待しています。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

相手の価値観を知るための対話コン

3月20日祝日に第6回目の対話コンというイベントを開催します。
対話コンとは、異性とお互いの価値観の違いなど一緒に問う・語る・考えるという対話のイベントです。

パートナーに求める条件のトップは常に「価値観が合うこと」です。
しかし、協定離婚となった理由の1位も「価値観が合わない」です。

パートナーへの価値観を求めているのに、価値観が合わない。
あなたの価値観ってなんですか?
優しい男の人が好き、子どもが好きな人、家庭的な人とか、あなたの価値観を具体的な言葉で説明できますか?
お相手のパートナーはどんなことを大切にしているのか?その人の行動や内面をどれだけ知っていますか?

もし、知らないのならお互いに知り合うしかないと思うのです。

それに私は対話という手法を用いてイベントをしています。

相手と一緒にわからないことを問いてみる。各自が自分の言葉で語る。それをみんなで一緒に考えることによって得られるものが関係性だったりします。

すぐにパートナーが欲しくて目先の条件や外見で判断して肝心な価値観は違って失敗する。
そうでなく、相手の内面を知ることだけに対話コンではフォーカスしています。

急げば回れ!

一見、遠回りに見えるけど、結果的に譲れない価値観を知って、本当に仲良くできる人を見つけられる。そんストーリーを想定しています。

対話コンに興味を持たれた方は遊びに来てください。
イベントの詳細やお申し込みは以下のリンクより。
http://www.kokuchpro.com/event/dcon3/115429/

あなたのお越しをお待ちしております。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

官民交流のディベートで学んだ対話の大切さ

農業をテーマに官民でディベートするイベントに参加しました。

20161218_135021671-480x270

今日の気付きはディベートでは合意形成できないということ。

ディベートってやっぱり自分の意見が正しいということをぶつけ合うので、どうしてそう思うの?どういう背景があるからそう考えるの?という話し合いにならない。
ディベートは相手の論理的矛盾を見つけて論破する傾向があると感じました。
相手の考えを理解はする必要がなく自分の考えを主張する。

一方、2016年の私の活動は哲学対話がベースになっています。なので自分の意見が正しいという意見をぶつけ合うのではなく、違いや違和感から相手を認めることが大切にしています。
ここが、お互いに話すことを手法として使っていますが根本的には違うと感じました。

世間一般ではディベートとかが大切だとされています。でも私はディベートではなく相手に興味を持つことを大切にしたいです。

普段自分のコミュニティと違う場に参加すると新しい気付きを得られます。そういう観点から参加して良かったと感じました。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

演劇リフレクションが3位に選ばれました!

リフレクションエキシビジョンというイベントが開催され、そこで私の「演劇リフレクション」のコンテンツを紹介させて頂きました。

全部で17つのコンテンツが発表されていて、もっとも良いコンテンツへの投票があり、演劇リフレクションは第3位に選ばれました。
演劇リフレクションは合計7票。投票して頂きました皆様、誠にありがとうございました。とても感謝しております。

dsc_1959-960x540

演劇リフレクションは演劇の手法を使って共通のテーマにそってリフレクション(内省)を行うコンテンツです。
普段の自分とは異なるキャラクターを演じることによって感じることと、自分自身ならどう思うのかという、対比と思考の幅によって自分が大切にしているものに気づくことができるようになっています。

みんなで楽しく対話をすることができる、新しい気付きを得ることができる、私の中でもおすすめです。

実際にその内容を発表・説明させて頂き、皆様からの反響もよく、お褒めのお言葉も頂きとても嬉しかったです。

このイベントはリフレクションや内省、人材育成、組織開発などに敏感な方が多く集まっているので、コンテンツの設計に間違いはなかったと思います。とても自分の自信につながりました。

私の対話のイベントは年内すべて終了しています。
来年は演劇リフレクションのお話を頂ければ積極的に開催していきますよ。

本日お話させて頂きました皆様ありがとうございました。とても楽しかったです!

dsc_1957-540x960


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

教育支援コーディネーターフォーラムで哲学対話・職業紹介の教材を宣伝しました!

都庁にて第10回目の「教育支援コーディネーターフォーラム」が開催されました。
私は哲学対話と職業紹介のコンテンツを宣伝させて頂きました。

dsc_1844-960x540

「教育支援コーディネーターフォーラム」は、教育支援プログラムを提供している企業・大学・団体に参加頂き、専門的な知識・技術を生かした魅力的なプログラムを紹介する機会として開催されています。

およそ500名くらいの出展者と学校、PTAの方が集まり教材に関する情報を交換しました。

dsc_1849-960x540

私は対話を活動をしていますので、学校にて行われている哲学対話の授業を説明させて頂きました。
哲学対話は聞くこと、話すこと、考えることを通して共通のテーマの理解を深めて人間観を育成するコンテンツです。
21世紀に必要なスキルである論理的な思考、他人とのコミュニケーション技術向上を育む取り組みです。

そして、食品・物流業界の現場経験から職業や働くことを教えるキャリアプログラムもご案内させて頂きました。
各種会社様がCSRなどで、自分の会社の仕事内容を説明するコンテンツは多々あります。
しかし、社会の仕事って自分の仕事だけで終わることはなく他の会社や職業の方と一緒に仕事をしていくものです。
仕事のつながりやお互いの関係性について教える教材はないため、新しく開発し取り組んでいます。
それは、食品工場からトラックでの配送、倉庫での保管、小売店との川上から川下までの仕事をすべて携わってきた私だからこそ説明できる内容だと思っています。

dsc_1852-960x540

教育支援コーディネーターフォーラムで感じたことは、子どものために想いを持っている人は多いけど、費用、授業に組み込む時間が少ない、交渉や実施するために先生や校長との意志疎通ができていない。という問題点が浮かびあがっています。
どんかことをするにしても障害ってあると思いますが、そこは絶対に実現させようとする意思を強く持てば乗り越えられるとも感じました。

また、哲学対話は生徒向けに行っている授業ですが、先生や親にも必要な取り組みということです。
何のためにやっているのか?それぞれの人が大事にしていることはなんなのか?
普段の忙しさから考える時間を作れず、また人との意志疎通が取れていないから、良い成果が出せていないようです。

哲学対話の効果は目に見えるようなものでなく、必要とされる時間も差があります。
しかし哲学対話を繰り返すことによって自分で責任を取れる意思決定につながるので必要なことです。

今日のご縁から新しく取り組みが始まることを期待しています。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

2016の対話コンは終了しました

本年からはじめた対話コンというイベント。4回目を本日開催し2016年度の開催は終了しました。
多くの反響とご参加していただき、改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

dsc_1812-960x540

本日は参加者からテーマを出していただいて対話をしました。
そのテーマとは「自分が20歳で全て揃ってるとしたら何をしたい?」です。
学びなおしたい、希望としていた仕事をしたい、遊びたいなど、20歳の当時にはできないことを振り返りました。
でも、したかったことって全て揃っていなくてもできるのでは?20歳でなくても今からでもできるはずだ。
全て揃っている中で、もしなくてもいいものは何?年齢について多くの人が気にしないという回答をしました。
でも、婚活では年齢制限とか多いし、男性って女性の年齢を気にしているのでは?
実際は年齢が高くても良い人はいるし、年齢が若くてもどうしようもない人がいるから年齢ではない。
など、年齢についても深く幅広い話になりました。

本日も参加者のから、男女で価値観が違うことを知れて楽しいというお言葉も頂き、イベントを開催してよかったです。

来年も一押しイベントとして開催して行きます。
また皆様とご一緒できれば幸いです。
改めてありがとうございました。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

2016年の市民カフェは終了、また来年!

本日の開催をもって2016年の市民カフェは終了しました。
ご参加頂きました皆様ありがとうございます。

dsc_1808-960x540

2015年は安保法制などで大変、政治が話題となりました。
本年度も、基地問題、原発、築地移転、アメリカ大統領選挙など話題がありましたが、去年ほどの盛り上がりはなくなっていると感じています。

そして、今年はお互いの主義主張をすり合わせて、みんなが納得する合意形成ができる人がほとんど居ないことも痛感しました。

根拠や裏付けがない差別主義者がいる。
こういう思想を支持するからこそトランプが大統領になった。
日本でも、外国にルーツがある人が政治家をやってはいけないと批判している。
女子に集団暴行した人は在日だと決めつける。
親が外国人で他国に利益を誘導する根拠はなんでしょう?日本人が犯罪をしない根拠ってなんでしょう?
日本のために活躍している外国人もいるし、犯罪で捕まる日本人もいる。
かなり思い込みが強い人がいると感じた一年です。

また、左翼と呼ばれる人達の考え方もまだ未熟だと思っています。
外から見ていると、なんでもかんでも反対。譲れることはなにで、譲れないことはなにか、このような話し合いを積み重ねないと問題は解決しないと思います。

例えば、原発問題は廃止と主張するのはいいのですけど原発に携わる人の生活、そして、補助金の恩恵を受けている人達の生活はどうするのでしょう?
私はコンピューターのシステム開発をしていますが、過去に農家からシステム開発を受注しました。コンピューターシステムは数千万もするのに、そのお金はありますか?と尋ねたら、原発の補助金があるとのこと。地方の補助金が東京のシステム会社まで回っているのです。

こういった複雑に利害が関係している状況を全体像として解決する能力が必要です。
それを養うために、この市民カフェのような入り口と手軽に練習する場が必要です。

本年はこれにて終了しますが、来年もゆるく続けていきます。
改めてありがとうございました。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

キレイなコミュニティボール作りと音で対話

東京大学の駒場祭で開催された哲学対話のイベントに参加してきました。
そこでキレイなコミュニティボールの作り方はバームクーヘンによる巻き方が良いことを確認。
そして、対話のコンテンツにも参加し、音による対話で喜怒哀楽の感情を音で表現できることを体感しました。

はじめにコミュニティボールは作り慣れていないと、色が片寄ったり、ボールがキレイな球体になりません。
そこにどんな理論を適用すればキレイな形になるのか東京大学の教授から講義して頂く。

難しい公式なしに説明するなら、バームクーヘンです。
バームクーヘンは何層にも生地を重ねて焼いていきます。
それと同じように、糸を色ごとに層を重ねる。厚さがまちまちにせず均一的な形にすればキレイになる。
コミュニティボール作りも奥が深いです。

dsc_1777-960x540

その後に対話のコンテンツにも参加。
音で対話をしてみよう!という切り口でした。
音楽療法をお仕事にされている方と共に、色んな音が鳴るモノを使って、音を出す、音を聞くということをしました。

対話をするのは言葉という思い込みがありますが、音だけでも喜怒哀楽の表現を伝えることができます。
言葉も音も周波数の波であるので、関連性はあるということでしょう。

そのような対話をして気付いたことは、対話は色んなアプローチでできそうだけど、思考はできるのか?という問いです。
集中して考えたり意味を噛み砕いたり、それには対話はいらないような気がしました。

dsc_1778-540x960

そんな対話にふれた1日を過ごしました。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

10年後なくなる仕事のコンテンツは休眠します

本日は「10年後なくなる仕事」をテーマにイベントを開催しました。
ご参加頂きました皆様ありがとうございます。
本テーマのコンテンツですが、本日を持ちまして休眠します。

このイベントは近年の人工知能が発達することによって起こる変化についてテーマにしていました。
一通りの情報が一巡した感があり皆様のニーズが減少していると思っています。
ですので、このテーマに関しては、しばらく充電期間にさせて頂きます。

人工知能と機械化によって間違いなく仕事はなくなります。
この流れは止められません。
その中で機械に任せることは何か?人がやらなくてはいけないことは何か?さらに言えば人の特徴とは何かを理解していた方が、自分の望む働き方であったり生き方をできるでしょう。
そういうメッセージを込めて企画しました。

人工知能に関しての進歩は引き続き進むでしょう。
また、真新しいことが増えた時にイベントを主催しようと思います。
※依頼を頂けましたら個別に本テーマはご提供します。お気軽にお問い合わせください。

また皆様とお会いできる日を楽しみにしております。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp

表現者には自分と向き合うことが不可欠

バーレスクダンサーのRitaさんとトークショーをさせて頂いた。
思いの外、自分と向き合っていることに驚きました。

ショーを作るために、自分の体の特徴、長所短所を知って、良いところをアピールするのか?欠点を隠すようにするのか?知ってなくてはいけない。
私もそうですけど、自分の強みってわかっていますか?そして、欠点ってなんでしょうか?以外と知っているようで知らない自分のこと。
何かの表現者であるならば自分と向き合って、自分を知った上でないと作品を作れない側面があるようです。

さらに、自分の好きなことや嫌いなことという趣味嗜好を踏まえてショーの作品を作る。
プロのダンサーであるので自分が楽しむだけのショーではなく、お客様が喜んで頂ける内容と両立させていました。

そうやって、常に自分の心と体と向き合って、作品の試行錯誤をずっと繰り返しているそうです。
24時間ずっとバーレスクを考えているような人物でした。

バーレスクが仕事の側面として見ると、24時間バーレスクを考えてるってことは、24時間常に仕事しているということでしょう。
本人は好きでやっているから決して苦ではありません。
普通の人が24時間仕事しなくてはいけない状態なら、きっとブラック企業と言われてしまうでしょう。

そう、何かしら成功している人って年がら年中仕事のことを考えている傾向があります。
今の時代はワークライフバランスとか言ってますが、これでは仕事で成功しにくいという側面を受け止めないといけないでしょう。
仕事で成功するだけが人生でもないので、こういうことからも自分と向き合って何をどうしたいのか?見つめ直すことが必要です。

バーレスクだけでなく、色んな業界や人にも通ずることがあったトークショーでした。

fb_img_1477626291715-480x721
※撮影 PIN-u


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第10回 9月17日(日)15:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp