哲学的な問いの作り方

哲学対話をする上で大切なのは”問い”である。
しかし問いを出すことは意外と難しい。

・学校はちゃんと行った方がいいのか?
・サービス残業は良くないのか?
・片づけられないのは悪いこと?

このような問いは、良くない、行った方がいい、という風になりがちで考えが深まりません。

では、どうすれば良い問いに近づくのか?
哲学対話なので哲学の要素から問いを考えてみるようにすると良いです。
先ほどの問いを少しアレンジしてみましょう。

・学校でしか得られないことは何か?
・無償でも働く価値はあるのか?
・整理整頓するとどんな良いことがあるのか?

なんか、いろいろと考える幅が広がったと思いませんか?
アレンジするために使ったのは西洋哲学において主題になっている「真・善・美」です。

「真・善・美」とは何か?

まず“真”とは、この世界を支配する法則や普遍的な真理のことです。
太陽は東からのぼり西に沈み。水は0℃以下になると凍る。人は楽しい時に笑う、悲しい時は泣く。などの法則や真理です。
理由や真偽を元にして、違いや仮定、性質などについて物事を見ていきます。
・なんで~そうするのか?
・それって本当なのか?
・もし~だったら?
・~をするのはなぜか?
などのような問いに変えると良いでしょう。

次に“善”とは、人が行うべき正しい行動・道徳規範のことです。
環境やその社会を構成する人たちの道徳感情の違いによって、物事の善し悪しを判別している“常識”です。
一年中暖かい地域での常識と、冷たい地域での常識は異なる。
万人に共通する事柄ではないが、そこの社会を構成する多くの人達が共通して持っている道徳規範です。
・~をするべきなのか?
・~は正しいのか?正しくないのか?
・~は許容できること?
・~をするのは価値があるのか?
などのような問いに変えると良いでしょう。

最後に“美”とは、人が何をもって美しいと判断するかです。
あるものを見て「美しい」と思う。またはある音を聴いて「美しい」と感じる能力は個人の感覚や感性によります。
人は五感(視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚)によって認識されるため、文化や個人の主観の枠を越えて、誰にでも共通する明確な規定は難しいため、美には普遍的な定義はない、とも言われています。
・美しくするとどうなるのか?
・~は五感だとどう感じるのか?
・私にとっては~。
・なぜ~が好きまたは嫌いなのか?
などのような問いに変えると良いでしょう。

もし深まりが難しい問いに出会った場合、「真・善・美」を活用することで良い問いに変わります。


◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第27回 2018年10月6日(土) 14:15~(受付14:00~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、自主性と前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/