お見合いイベントに潜入調査

対話コンという合コンのような対話のイベントを開催しているので、競合他社って気になってます。

今日はとあるお見合いイベントに覆面潜入調査してきました。

男女それぞれ20人弱集まっており、なかなかの集客数です。
告知、宣伝はかなり大体的に行わないと人は集まらないと感じました。

参加者全員と2分強の会話をする。
その後はグループでの会話を4セット。そして、ツーショットでの会話。
最後にアプリによるマッチングをして終了。

こんなお見合いのイベントに参加しての感想は「結局見た目の好みで相手を選んだわ」ということです。
話の中で印象に残ったキーワードや相手は居ましたが、名前は覚えてないし人の数が多いので顔のぼんやり。
自己紹介で同じような説明を何度も繰り返す。
それで、4名の方に好意を表しましたが、相手からの返答があったのは1名。しかし、その1名にメッセージを送っても返信はなし。
なかなか、マッチングして何か進展があるのは難しいです。

イベント後、お相手を見つけられなかった男子で残念会に突入。
そこで婚活イベントに関して色々と話を聞いてみました。

そこで1番言われているのが、結局、収入とか見た目のいい、高いスペックの男性の一人勝ちという現実。
結婚相談所ではなおさらスペックが顕著だということです。
男女の参加費が違い過ぎる(5,000円以上)のイベントは良くない。
男性の参加費が7、8,000円を超えるイベントにも参加しにくいという話も伺えました。

そういうことを聞いていたり、自分でも潜入調査をしてみた結果で感じることは、対話コンの試みやアプローチは悪くない。

対話では誰しもが身分が平等。名前くらいは言うけど、年齢も聞かないし、職業も聞かない。
ただ、あなたはどう思うのか?自分の価値観について話すだけです。
相手の言うことに耳を傾ける。相手を知ることに意識を向けることで自分をアピールするようなことがなくなります。
みんなで問いを決めて一緒に考えることで普遍的な部分に触れて、自分の大切にしている考えや行動につながっていきます。

すごく遠回りになるかもしれないが、相手の人柄を深いレベルで知り合ってそれから仲良くなっていくのは高確率で脈がある結果になる。

ただ、対話コンのデメリットは即効性がない。
参加した会でお相手を見つける、お膳立てされていないことです。

相手のことを深く知るにはある程度の時間が必要。
哲学対話の手法を使って効果的に関係性を深めても1回のイベントでは難しい。
そして、自分の内面性に自分で向き合う必要があるので、内省を繰り返したり、自己開示できるようになっていくことが必要です。
一言も話さないでもいい対話の場ですが、話を聞いて相手のことを知れても、自分のことを言わないと相手には伝わらないし、言葉でなくても何かしらの表現をすることが必要になります。

他のイベントと対比することでメリットとデメリットが見えてきました。

少しずつ対話コンを改善しつつ有意義なイベントにして行きたいです。
不定期にイベントを開催しています。

以下のイベント情報より最新をご確認下さい。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第9回 7月30日(日)13:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp