第3回哲学プラクティスでの対話コン実施レポート

2017年10月22日に第三回哲学プラクティス連絡会が立教大学で行われました。
「対話コン」がワークショップのプログラムに出展しました。
哲学科の学生や哲学対話を行っている教員、哲学対話に興味関心がある一般の方も含めて皆さんと一緒に哲学対話をしました。

最初にこれまでの11回開催してきた活動報告を行い、印象に残ったエピソードを交え具体的なさせて頂きました。
質疑応答では次の質問が出ました。
・価格が三千円の内容はどんなものか?
・参加人数はどのくらいか?
・マッチングしない理由は何か?
・困った事例はないか?
・哲学対話の形式は、通常の形式と同じか?

婚活と哲学対話という一見異様な組み合わせですが、結婚の決め手が価値観の類似、離婚の原因は価値観の不一致が多いことから、一般的な婚活とは違う結婚前・結婚後における対話の大切さを説明しました。また、参加費を頂いているので趣旨をご理解頂いた上で参加されていること、ボール作成がある場合は三千円頂いている旨等、回答しました。

今回のテーマは、「結婚したい理由は何か?」でした。
決め手は沢山あると思うけれど、最後に残るものは?決定打はどこにあるのか?といった発議者の想いがありました。結婚制度の話、恋愛と結婚の違い、愛とは、できちゃった婚、同棲など何かまで、多岐にわたりました。
面白かったのは、皆さん一人ひとりが出してくれたテーマに少なからず言及していたことです。

会の最後に参加者から以下感想を頂きました。
・男女の仲は対話で深まると思った。
・男女の理解には、非言語や雰囲気も必要なのではないか。
・結婚について何も考えていないと思った。
・結婚したいことを理屈で考えるのは難しい。
・結婚したいけれど、考えてしまっていた。他の人の考え方を聞けて勉強になった。
・結婚したら、なかなか離婚するのは難しい。結婚する時はよく考えるようにしてほしい。
・半年前に結婚したばかりだが、よく考えて結婚したかが疑問である。
・結婚したい気持ちがわからない。

当日は台風接近前、衆議院選挙当日の日でした。大雨の中でしたが、八名の方にご参加頂きました。
普段の会議室とは違った大学の教室でとても新鮮でした。集まる人の考え方と、聞いたことで生まれる考えで対話する時間は、唯一無二の体験を実感しました。
その後偶然、他のワークショップや廊下で参加者とすれ違いましたが、一度お話したことで“ゆるやかなつながり”を感じました。哲学対話は、いつでも誰とでもできることが強みです。

※今回のレポートも女性スタッフのMさんにお手伝い頂きました。ありがとうございます。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/