飲食物のダンボールは床に直置きしてはいけません

食べ物や飲み物の商品、ダンボールを床に直置きは衛生上してはいけない行為です。

20160905_134359747-640x360

私は過去に食品工場などで衛生検査に携わっていました。
だから、目がとまってしまうのですけど、ダンボールを床に置いちゃダメなんですよ!

床は色んな人が土足で歩いていますよね。
汚れもそうですし、菌が存在しています。
地面が濡れていたらダンボールが水を吸っちゃいます。
だから、とても汚いことは想像できますよね!?

汚い場所にダンボールとはいえ飲食物を置くと、食品に汚れが移ってしまいます。

現にダンボールの底面は汚れているし、そのダンボールの底面を持って商品を動かす。そして、底面から手のひらに汚れが移り、その手でダンボールを開封し商品を並べる。
地面と商品が間接的に触れることになるのです。

食品業界の常識でしてはいけない行為です。

では、どうするのか?というと、パレットや台車の上に商品を置くようにするのです。

食品工場でどんなに衛生に注意しても、店舗の陳列時で衛生に関する知識がないと商品クレームに繋がってしまいます。

商品を扱う人には最低限の知識を持ってもらいたいし、ちゃんとしているお店を見つけたら安心してそのお店で買い物してください。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/