八王子東高等学校にて哲学対話を実施

本日は八王子東高等学校で新入学生300人強に対して探求学習のために哲学対話のオリエンテーション研修を実施しました。

文部科学省の教育カリキュラム変更により、生徒が主体的に学ぶことがこれまで以上に取り入れられます。
私が携わっている団体では東京大学の先生監修のもと、主体的に学ぶために哲学対話の取り組みを学校に導入を進めています。

哲学対話の特徴は、自分で問いたいことを見つけ、深く物事を考える、意見を語る、相手の意見を聞くことです。
それにより、義務教育による興味がなくても解かなくてはならない問題ではなく、自分が興味関心を持ったをことを探求するための能力を養います。

八王子東高等学校は偏差値70くらい、いわゆる頭がいい学校です。
生徒は考えることや、知識が多いので、正面からぶつかるような問いかけをした方がいいと思っていました。
対話のテーマは「なんで机に座ってはいけないのか?」
印象的だったのは、みんな机に座ってはいけないことだとは思っていなかった。でも、反抗的な態度ということではなく、机に座ってはいけないという理由として、足が床につかないと力が発揮できない、衛生的に机に座るのが良くない、しつけとして机に座ってはいけないから、文化や価値観として机に座ってはいけない、机に座ってもいいと言われることもあったなど、色んな側面から考えることをしていました。
そういう意味ではやはり頭のいい生徒達だったと思います。

ちゃんと深く物事を考えることの資質は持っている。ただ、今までそういうことを実施や発揮する機会がなかったという印象です。
八王子東高等学校は探求学習を取り組んでいくことになっています。
今日のオリエンテーションをきっかけに主体的に学ぶことを身に着けてくれることを願っています。


◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第27回 2018年10月6日(土) 14:15~(受付14:00~)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、自主性と前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/