立憲フェスには対話力が必要

立憲フェス2018に参加しました。

私は今まで政治にかかわったことないし、どの政治団体の党大会にも参加したことありません。
立憲フェスでは会場内に議員の席がある訳でなく、参加者と同じフロアに混じっている。
議員をしていると教えてもらわないと、ただのおじさんとおばさんと区別がつきません。そのくらい近くにいる議員さんに話しかけることができます。そして、議員も来場者と一緒にワークショップに参加していて、対等な関係を実現していました。
私には他の党大会と比較することはできないけど、お笑いライブや生演奏などもあり、だいぶカジュアルなイベントだと感じました。
一部の人達に任せる政治ではない。一緒に歩んでいく政治の可能性が立憲民主党にはあると感じました。

一方で、草の根、市民が参加するにあたって大きな課題もあると感じました。
私は対話の活動をしている職業柄、対話のワークショップと市民同士が話し合う取り組みに参加しました。
やっぱり、対話のスキルを持っている人が少ないと感じます。

政治関係の集まりだから、どうしても高齢者の方が多いです。
お互いが納得できる合意形成をするのではなく、話をただしたいだけの人があまりにも多い。せめて自分の体験を話してくれるならまだ良いが、報道されていることを話す、理由が明確でないのに特定の人を非難する、そんな話をだらだらとしている。建設的な話ではなく愚痴に近いです。
傾聴の仕事として(お金を頂いて)話を聞くのならば、いくらでも聞いてあげます。話疲れるまで付き合いましょう。でも、そうじゃない場ならば、自分の話をするのではなく相手の意見やその理由について対話するスキルが欠かせません。
残念ながら私が今日接した市民の方々は対話力が必要だと感じています。

では、どうすれば対話力が身につくのか?
方法はひとつです。まずは練習をしてください。そのために対話の場に参加してください。以上です。

私も対話の場を主催していますが、私以外にも全国各地で色んな方が場を設けています。「対話」のキーワードでイベント検索するとたくさん出てきます。対話に関しては、私、武をご用命頂けると嬉しいですが、私以外の方でも構いません。
対話はひとりでは練習できません。家族や知人よりも、知らない人と対話をすることが効果的です。そして、対話力はすぐに身に付きません。ずっと磨き続ける必要があります。ぜひ色んな場に参加してみてください。

立憲民主党は多様性を認め合うことを掲げています。多様性ということは、あなたの主張とわたしの主張は異なりますが、ここまでは納得できるという合意形成をすることが不可欠です。まして、市民からのボトムアップをするのであれば、市民に対話力が必要です。
きっと来年も立憲フェスが開催されることでしょう。まっとうな政治を望む人には対話力を身につけて欲しいと願います。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

ミサンガストラップの制作と販売

スマホにつけるストラップでオリジナルのが欲しい。
そういえば自分でミサンガを作れるし、少し改造すればストラップになるんじゃないかと思って挑戦してみました。

ミサンガは手首や足首に縛りつけます。普通はひも状なのでストラップみたいに手を通す部分がバント状で結束されていない。そしてストラップを穴に通す縛り紐をどのように作るのかがポイントでした。
ネット上には作り方を紹介しているサイトはなく、自分で試行錯誤。超小さいバージョンを作ってテスト。


スマホの穴につけるための紐をどのように作るのか?
ミサンガに使った糸を全部使うと穴に入らない。細い紐にした場合、ほどけないようにどうやって縛るのか?
糸3本で三つ編みにし、普通に根本で縛れば結び目も大きくならずに強度もある。


ストラップとして指を通すバンドの長さを作るのにどの程度の糸が必要になるのかテスト。
ミサンガで使われているのは幅が細い物が多いので、ストラップに使用するなら9本以上が必要。
そして最後の余った糸をただ切るのではなく、こちらは太い三つ編みにして飾り付けを加えるとかわいいことを確認。

そんなテストを繰り返して完成したのがこちらの「ミサンガストラップ」

友達や知り合いからの評価も上々で、社交辞令ではあるけど売ってみれば!?という言葉も頂きました。

作るのに非常に時間が掛かる。1個作るのに6時間以上はかかっています。ビジネスとしての経験も長いので、例えば、時給800円として6時間かかると人件費で4,800円です。それに原材料費20円~30円を加えて、さらに送料に販売手数料、利益を加えるなら6,000円弱になります。
ミサンガストラップ1個を6,000円で買う人なんていないでしょう。なので、商売としては決して成り立つ商品ではない。ミサンガストラップで儲けようというつもりはありません。

ですが、定番のメルカリで売ってみようと思います。
同じようにミサンガをストラップとして使いたい人がいるかもしれない。そして、ミサンガは願いを叶える縁起物。私はメルカリを使ったことないので初出品するにはちょうどいい題材だと思いました。
どうしてもメルカリ手数料+配送料+原材料費、メルカリからの振り込み手数料があるので、スマホストラップにしては高い金額設定になっています。
ですが、想いと願いを込めて編んで作っており、世界でひとつだけの作品です。
もし良かったら私のハンドメイド作品を買ってください。
メルカリ出品はこちら⇒https://item.mercari.com/jp/m19141805045/

オーダーメイドによる作成もできますので、こちらもお気軽にご連絡ください。
不定的にミサンガストラップを出品しようと思います。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

楽しい人は前向きな人

サウスフェス~たまごとひよこの講座&セッション~というイベントを開催しました。

すでに講座やセッションを主催して間もない人を「ひよこ」、これからやっていきたいと勉強中の方を「たまご」として、たまごとひよこの講座&セッションを開催する文化祭のようなイベントです。
このイベントを通して主催者達が経験と技術を積んで大きなフェスやイベントへ踏み出していく場を目指して開催しています。なので、参加者の皆様も応援をしようという気持ちを持った方に多くご参加頂きました。

丸一日楽しく過ごせたのですけど、
「なんでだろう?」
って、思いました。

その理由は、前向きな人ばかり集まっていたからだと思いました。

そもそも、このイベント企画が、未経験のことであったり、未熟な状態の人が主催者となってコンテンツを提供します。
そんな人達が主催する内容なんだから、失敗するし、上手くいかない可能性が高い。
人は失敗するの嫌だし、下手よりは上手になりたいと思うものです。
だから、二の足を踏む、躊躇してしまう、そんなネガティブな精神になりがちです。
なのに、勇気を出して実践してみようと行動したポジティブな主催者達が取り組むイベントです。

参加者の皆様も、そういった背景を理解した上で来場していました。
実際、イベントではハプニングが起きたり、うまく行かなかった点もありました。
それで、批判やダメ出しをするのではなく、主催者と一緒に盛り上げて、ミスも帳消しにしてくれて、参加者も前向きに楽しんでいました。

主催する人も前向き、参加する人も前向き。
そんな人達が多く集まっているんだから楽しくできるんだろうと思いました。
楽しい人の条件にきっと前向きな人があると私はそう思います。

具体的にどんな前向きな人や内容であったのか簡単に紹介します。

矢島 真沙子:3分で完成・野菜で野菜を食べるベジドレセミナー
油をほとんど使わずに野菜を主たる原材料にしたドレッシングを作っていました。

ブログ

砂田 節子:スマホ写真を見栄え良く!
手持ちのiPhoneで芸術的なアート写真を作り出すアプリ講座を行っていました。

instagram

建部 和美&神村 眞:ホルモンから読み取る、ナチュラル美魔女の創り方セミナー
美魔女である建部さんの生活習慣からホルモンとの関係性を説明するセミナーを行っていました。

ブログ

田貫きつね:飲んでみたいけどまだ…、そんなあなたにぜひ一献!日本酒「超」初心者向けセミナー
日本酒にも色んな風味と味わいがあり試飲しながら自分の好きな一本を見つけるセミナーを行っていました。

Tomoko:大人ロリータ Tomokoのルノルマンカード占い
あなたの良い所、改善する所をカードがすべて教えてくれました。

ブログ

エンジェル貴子:願いごとが叶うアロマジカルオイルセッション
話をしながら自分の潜在意識にピッタリ合致したオイルを見つけ出していました。

ブログ

スミヨシ マチコ:眠れるヘッドスパと体質診断
本格派アーユルヴェーダによるヘッドスパでスッキリリフレッシュし目がパッチリ冴える施術をしていました。

ブログ

岡部 由美子:レンタルスペース「サウスフラットシェア」オーナー
今回の企画を立案した美人オーナー。

ホームページ

前向きでエネルギッシュな人ばかりですね!
またの開催も計画しているようなので楽しみです。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

マリノス残留まで(2018年25節終了時点)

J2に降格。
そんなの嫌に決まっているじゃん。
降格争いしていると、試合に負けて悔しい以上に問題が起きる。
それは、仲間同士であったり、ツレとの間で、あーだこーだ言い争いが起きてしまう。
根拠がないポジティブでもどうにもならないし、ネガティブな発言だらけでは、気持ちが滅入ってしまう。
早く降格圏内から抜け出したい!
あと何勝すれば降格から抜けられるのか?数字上で計算してみた。

2018年・25節終了時点

順位 チーム名 勝ち点
14 横浜F・マリノス 29
16 サガン鳥栖 26
17 ガンバ大阪 24
18 V・ファーレン長崎 21

J2自動降格:17位・18位
プレーオフ:16位
※J2の町田が昇格枠を減らさない条件で計算(私の本音は町田に優勝して欲しい・・・)

残り9節(最大勝ち点27)

自動降格しないためには17位以上にならなければダメ。
ガンバが全勝した場合の勝ち点は、24+27=51まで届く。
ガンバと直接対決を残しているので、マリノスの勝ち点は、29+24=53まで。
これでわかることは、直接対決以外に、ガンバが勝ちマリノスが引き分けると勝ち点2を落とすことになり、成績が並ばれる。

次に、プレーオフにまわらないためには、16位以上にならなければダメ。
鳥栖が全勝した場合の勝ち点は、26+27=53まで届く。
鳥栖と直接対決を残しているので、マリノスの勝ち点は、29+24=53まで。鳥栖と同じ勝ち点で並ぶことなる。
これでわかることは、鳥栖より良い成績を残さなければプレーオフにまわる可能性があるということだ。

これは計算上だから、実際に残りの試合を全部勝つということもないし、引き分けも起きる。
しかし、2017年降格した新潟の最後6試合は5勝1分という成績で終了している。切羽詰まったチームは実力以上の力を出す可能性はある。
他力による部分がすごく多いが、下位チームより良い成績を出さないと降格がありえるということだ。

んん、全然安心できない。

では、J1に残留したチーム(年間順位15位のチーム)の勝ち点はいくつなのか調べてみました。

16位~18位の下位3チームが自動降格する2009年からのデータです。
2009年 15位 勝ち点:39 モンテディオ山形
2010年 15位 勝ち点:38 ヴィッセル神戸
2011年 15位 勝ち点:36 浦和レッズ
2012年 15位 勝ち点:40 アルビレックス新潟
2013年 15位 勝ち点:37 ヴァンフォーレ甲府
2014年 15位 勝ち点:36 清水エスパルス
2015年 15位 勝ち点:34 アルビレックス新潟
2016年 15位 勝ち点:30 アルビレックス新潟
2017年 15位 勝ち点:33 サンフレッチェ広島
15位の平均勝ち点:35.89
15位の中央値:36

ということなので、36点以上の勝ち点があれば、残留の可能性が高くなります。

マリノスは勝ち点29なので、あと勝ち点7を積み上げれば、勝ち点36になります。
うん!これなら、あと2勝1分で達成できる数字だ。
ただ、今年は残留ラインが上方に伸びる可能性が高い。
楽観視は全然できないけど、まずは3つ勝つことを目指しましょう!


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

振り返りシートを対話コンに導入します

対話コンのイベントを終える際に振り返りをしてもらうことにしました。

今までの対話コンでは、時間になったら終わり!もしくは、一言感想を言ってもらう!みたいなやり方をしていました。
楽しく対話してもらって終了で良かったのですけど、それでは何も残らない。相手と自分の価値観に向き合うために、取り組んでいるのが対話です。今まで考えたことがない内容や、自分が大切にしている内容がなんであるのか、考える場なのに、その瞬間では覚えていても、後日には忘れてしまうことがあります。これではもったいないな!?と思いました。
イベントの質や効果をもっと高めるためには、イベント内容を振り返ってもらう時間を取る方が良いと思いました。

なので、イベントの振り返りをしてもらうことにしました。
振り返りを行うための記入シートを作成しましたので公開します。

その会で話したテーマと満足度、他者と価値観の違いはなにか、対話での新しい気付きはなにか、今度に生かせそうなことの4つを振り返ってもらいます。
何度も対話コンに参加して頂いて、振り返りを残していくことで、自分が大切にしている内面を見える形に変えられると思っています。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

これから頑張る人を応援する「サウスフェス」

講師、施術師、占い師、写真家、音楽家など、最初から上手な人はいるのだろうか?
初めてなのに講談が上手。初めてなのに快適なマッサージができる。初めてなのに感動する演奏ができる。
生まれつき天性の持ち主、そんな神童のような人はとても少ないと私はそう思います。

誰もはじめは未経験者です。
ならば、どうしたら上達するのでしょうか?
それは、練習したり、場数を重ねて、成長していく、上達していくしかありません。何度も反復練習する以外に方法はありません。
しかし、素人の人が練習できる場所や機会は少ないです。

なので、新しく挑戦する人を応援する企画
「サウスフェス」
を開催することとなりました。

新しくデビューしたいと思っている人は「たまご」
デビューはしたけれど、実績がまだな人は「ひよこ」
そんな、たまごとひよこが講座やセッションを行うイベントです。
文化祭やフェスのような雰囲気で、10名の出展者がそれぞれ自分のコンテンツを行います。

振り返ってみると、私はプロではなく、たまごやひよこの人にお仕事を依頼するケースが多いです。
これまでの、プロフィール写真、イベントロゴ、商材写真なども、本業以外に趣味でやっているといった人にお願いしていました。

なぜプロではない人にお願いをするのか?
一緒に頑張っていこう!お互いに成長していこう!
という想いでお願いしています。

私自身、今では学校で対話の授業を行っていたり、企業勤めの社会人に研修したり、主催でイベントを開催していますが、当然ながら素人の時がありました。
初めてファシリテーターをする時には数日前から緊張していたし、イベントが終わった際には反省しっきりでした。
その後は、毎週のようにファシリテーターを担当して何度も何度も実践を重ねて、数年経てやっと素人からは脱した経験を持っています。
なので、すでに実績があるプロよりも、これからという人に応援をしていきたい気持ちを持っています。

この「サウスフェス」はこれからの人を応援するイベントです。
出展者の方も、無料であったり、他よりは安い値段でコンテンツを提供しています。
9月9日(日) 10時~16時 東京渋谷にて開催!
都心でのお買い物ついでにふらっとお立ち寄りください。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

どうして対話と会話の違いがわかりにくいのか?

対話と会話、この違いがわかりにくい。

いつも「対話の活動をしています」と説明すると、「対話?会話とは違うの?」という疑問がよく寄せられます。
なので、対話と会話の違いについて説明してみようと思います。

私が説明している対話と会話の違いは、対峙する違いがある話をしているかどうか?ということです。
具体的にどういうことか?
なんの意図もなく、目的が存在していない、好きに話すのが会話。漢字の通り「会って話す」のが会話です。
・昨日行ったランチのお店がすごく美味しかったよ。
・最近肩こりが酷くて辛いんだよ。
・昨日のテレビ見た?
・彼氏がサバゲーにハマって休みの日にデートしてくれなくなったんだ。
というような話は、自由で好きに話していいことばかりだし、その話したことが役に立つとか立たないとか、有意義であるかどうかとか、面白い、面白くないとか関係なく話します。
一方、対話では「対する話」ということになり、何が対しているのかといえば、価値観や主張などお互いが最初から一致していないことについて話します。
・好きな食べ物は最初に食べるのか?最後に食べるのか?
・仕事と恋人のどちらを優先すべきなのか?
・宝くじで100万当たったら何に使う?
などのような、人それぞれで意見が違うことに対して話すのが対話になります。違う意見や価値観について話すから、相手の内面や考え方の背景を知れるようになります。
会話と対話、話すことは一緒です。ですが、話す内容が違うのです。

さらに、もうひとつ対話と会話の違いがわかりにくくなっている理由があります。
それは「対話を経験したことない」です。
対話という手法を使ったコミュニケーションを習ったことありますか?学校や研修などで習う機会がないです。
対話とは何をするものなのかわからない、対話の特徴がわからない、対話による効果がわからない。なので会話との違いもわかりません。
厄介なことに、対話と会話を完全に区別することができないこともわかりにくくなります。
会話している中で対話をするときもあるし、対話している中でただの会話をしていることがあります。つまり、コミュニケーションとして共通している部分が多い。対話的な要素が多く繰り返されているのか?会話的な要素が多く繰り返されているのかで区別するしかありません。
特徴となる要素にあたるのは、受け答えをするときのフレーズと対話にはルールが存在しています。
理由を聞くために「なんで?」「どうして?」「具体的には?」ということを聞いたり、話の観点を変更するために「そもそも~」「もし反対の立場になったら?」「あれとこれの共通点はあるかな?」というフレーズを使います。
主催者によってルールが違いますが、対話の場には必ずルールが存在します。
私が主催するときに使っているルールは6個。
1)自分の体験談や価値観を伝えよう
2)どんな意見でも認めよう、受け入れよう
3)お互いに問いかけるように意識しよう
4)話がまとまらなくても、意見が変わってもよい
5)発言せずに聞いているだけでもよい
6)プライベートな情報は守ろう
普段の会話にはルールなんて存在しないので対話の特徴になります。

このように、対話と会話には話をする目的意識が違うこと。また、対話を経験したことないから、対話の特徴が知らない。これらの理由によって、対話と会話がわかりりくくなっているのです。
なので、対話を知るためにはイベントに参加して体験するのが一番だと思っています。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

友達500人になりました

Facebookの友達が500人になりました!!
皆様、ありがとうございます。

Facebookを始めたばかりでは実際の友達と繋がっていました。その後、1度お会いしたことある人と友達申請とかしていましたけど、近年は直接お会いしたことがない人もおり、友達リクエストを受け入れるのみだけになっています。
それで、対話という特殊な活動と、くだらない自分の投稿ばかりしかいないのに、繋がってくれてて感謝です。
という側面と、ぶっちゃけ相手が自分の営業をするために繋がってきた人もいます。
そもそも、Facebookを開いていない(使っていない)人も居ます。
なので、Facebookの友達人数が500人にもなると色んなタイプと繋がりがあると感じています。
最後は1000人目指して頑張るぞ!的な記載で終了するのが一般的でしょうが、私は逆のお知らせです。

今後、Facebookの利用はメッセンジャーのみの最低限にします。
Facebookで表示される内容は、特殊なアルゴリズムでコントロールされています。
平等に表示されている訳ではありません。私と繋がりが強い人の投稿はすぐに表示されます。
少し距離を置こうを思った人がいた場合でもガンガン投稿が表示されます。
では、フォローをはずすとは、友達を解消するとか、表示されない方法はありますが、そういう切るようなことはしたくないのです。
表示させたくないが、関係を切りたい訳でもない。わがままな理由です。
それと、Facebookは利用している人が減っているし、若者ではあまり利用されていないメディアです。
Facebookを使っている理由もあまりないので、しばらくFacebook上から離れてみようと思いました。
私は昔からTwitterの方がメインなので、武の近況を知りたい方はTwitterをのぞいてみてください。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

底辺校から国立大学に現役合格

都立大山高校は学力(偏差値39)が低い学校です。
卒業生のほとんどが専門学校か就職します。
そんなレベルの学校から現役で国立大学の合格者がでました。
国立山梨大学に合格。それ以外にも、沖縄県立芸術大学と上智大学にも合格者が出ました。
どうして合格できたのでしょうか?
これらの大学に合格した生徒には「哲学対話」をしていたという共通点があります。

哲学対話とは、自分が興味関心あることに対して問いを持つこと。その問いを自分の頭で考えて、自分の言葉で話すこと。対話なのでひとりではなく、価値観が異なる他の人と一緒に話し合って、相手の意見を聞くこと。
この、問う・考える・話す・聞く行為を哲学対話と呼んでいます。

哲学対話の効果とは?物事を深く色んな方向から考えるられるようになること。
なぜなら、対話中に問い掛けを何度も何度も繰り返すことをするので表面的な意見ではなく深い意見になっていく。そして、自分と違う考えの人と意見を交わすことで多様な見方ができるようになるからです。
やみくもに考えていたり、悩んでいても発展や進展は起きません。哲学対話の手法による考え方の地図を身に付くようになると、学問を学ぶことはもちろん、普段の生活や、将来社会に出た時にも、転用できて役に立ちます。

国立大学には指定校推薦がないので、受験して合格しなければ入学できません。勉強は自分でやらなくてはいけない。
親や教師から勉強しろ!大学に行きなさい!と言われても、本人が納得していなければ勉強しないし、大学受験を真剣に取り組みません。
そのために必要なことが、主体性を持つことと、動機付けが大切です。

哲学対話でよる出る問いのひとつに「どうして大学に行くのか?」があります。
普段ではむしろ問いてはいけないことかもしれません。しかし、哲学対話ではこのような問いについても真剣に考えます。

・親とか先生が大学に行け!と言っているから。
・みんな大学に行っているから大学くらいは出ておかないと恥ずかしい。
・大卒の方が就職に有利。
・社会に出たくないから

このような回答する生徒が実際には多いです。
大学で特定の分野を勉強したい、研究したいという生徒は少ない。
だからこそ、深く問うことが大切になります。

・親が大学に行かなくてもいいと言ったら、卒業後に何をしたい?
・みんなって具体的には?(誰が大学に行っているのか・何人が大学に行ったのか)
・大学を卒業できないと恥ずかしいことなのか?
・大卒だと就職が有利になるのか?(大卒でフリーターもいますよね)
・どうして社会に出たくないのか?(どうして子どものままで居たいのか)
・大学とは何をする所なのか?
・大学での勉強と高校での勉強は何が違うのか?
・大学を卒業したら何をしたいのか?
・専門学校ではどうしてダメなのか?
・自分がやりたいことを学べる大学はどこか?

など、どうして大学に行くのか?だけでも色んなことを考えられるのです。
回答した内容をさらに掘り下げることができるので、自分の本心から理由を見つけられるようになります。
自分自身が本当にしたいことを見つけられる。誰かから言われたことではなく、自分がどうしたい、どうありたいという主体性を持てるようになる。やりたいことが見つかれば、勉強をするにしても、何をするにしても、揺るがない動機づけにつながります。

主体性を持つことや、動機付けは、哲学対話がもたらす代表的な効果です。

もちろん、国立大学に合格した生徒達は元々賢かったのではないのか?ようは哲学対話をしていなくても大学に合格したのではないのか?という疑問はもちろん出てくると思います。
確かに哲学対話をしていなくても大学に合格していたかもしれません。しかし、哲学対話をしなかった状態で大学受験することは二度とできないし、時が経っているので本人の学力も変わっているでしょう。
この疑問に関しては、哲学対話をしたから大学に合格した、ということも、哲学対話をしなくても大学に合格した、哲学対話をしなかったから不合格になった、まで含めてどれも確証になりません。推論での話です。

私たちが外部から都立大山高校の学力向上でサポートしていて推測したことです。

国立大学に合格した生徒は哲学対話をやっていた。哲学対話には自ら学ぶ力を鍛える効果がある。
哲学対話で学ぶ力が向上した結果、国立大学に合格した。

現役で国立大学に入学する、生徒の学力を上げるために、哲学対話を導入してみてはいかがでしょうか。
哲学対話の効果が感じなければやめればいいだけの話です。哲学対話で学力が上がっても、今以上に下がることはない。まずは取り組んでみることをお勧めします。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

モザイク加工の代用で画像縮小

詳細は何も見えてなくていい。雰囲気だけ伝わればいいとき。SNSに写真をアップしたいとき、画像サイズを小さくして使っています。

肖像権はご存知ですか。
肖像権は、法律で明文化している訳ではありません。しかし、過去の裁判における判例で認められている権利です。自分の肖像を勝手に撮影されたり、加工・公開などの使用をされない、という権利です。
権利を侵害すると、使用の差し止めや損害賠償請求がされる可能性があります。

では、肖像権の侵害とならないようにどんなことを守ればいいのか?
1.被写体の同意がある
人物の撮影をするときに、被写体に口頭もしくは書面で撮影に同意を得てもらっている場合は肖像権の侵害になりません。そして、どのような用途で使うのか、どのような媒体で公開するのか、説明する必要があります。

2.人物の特定ができない
撮影した写真にたくさんの人が写り込んでしまった場合、個人が特定できないならば、肖像権の侵害になりません。
例えば、写真で写ったのが後ろ姿だけ、遠くで不鮮明、顔や一部が隠れている、などの場合になります。

3.公の場所・公の行動
デモやパレード、祭り、政治家の演説など公の場所での公の行動を撮影した場合は、肖像権の侵害にあたりにくいです。なぜなら、多くの人からの撮影が予測できるためです。

4.被写体の社会生活のマイナス要因にならない
被写体の社会生活においた、大きなマイナス要因にならないならば肖像権の侵害とはならないと考えられます。

著作権侵害にならない条件をちゃんと意識すると使用できる画像は意外と少ないくなります。
私みたいにイベントとか主催していると、色んな写真を撮るし、アナウンスしてるものの、場の性質や流れから確認取れない時もあります。

では、この時にどうするのか?

一般的にはお顔にモザイク加工をするのが多いでしょう。
個人が特定できなければ肖像権の侵害になりません。

この人は顔出しOK、あの人はNG、人数が多い時にはモザイク加工も手間です。
私の場合、別に鮮明な画像である必要がない、人がたくさん来たよ!という雰囲気だけを伝えればいい時が多いのでモザイク加工でなく、画像サイズ縮小で対応しています。

どんなことをするのか?
文字通り、画像の大きさを縮小して、拡大しても顔がぼやけているサイズにしています。

元の画像サイズ(640*424)

320*212に縮小

160*106に縮小

という風にすると、自然と顔にモザイクがかかっているような状態になります。

実際の写真画像は小さい画像に設定をしていないと4000ピクセルはあります。
それを1000ピクセル以下にするとかなりぼやけてきますし、300ピクセルくらいにすれば人の特定はできなくなります。

鮮明な画像が必要なくて、だいたいの雰囲気が伝わればいい場合なら、お試しください。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の授業・イベント・研修・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校(小学校・中学校・高等学校・大学)や企業・NPO・スポーツチーム・大小様々なコミュニティにご対応致します。
各種SNS、もしくは、問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第30回 2018年12月22日(土)〔渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/