武の特徴や強みだと思っている5項目

セルフブランディングのワークをしてて、自分の強みとか、他の人にはない特徴はなんなのか?50項目書き出しました。
その中で特に自信が持てたり、他にない特徴だと思った5項目を紹介します。

「本音で話す」
ネット上ではもちろんですが、対面しても思ったことや本音を言っています。
空気を読む事が当然の日本ではありますが、気にせずに口にします。
それによって摩擦が起きて、私を批判する人や別れる人も居ましたが、ご縁がなかったのでしょう。
本音で話す事は深い人間関係を作るために必用なことです。なので、これからも本音でいつづけたいです。

「父子家庭」
辛い出来事や悲しい事、やっぱり大変な境遇で育ちました。
自分で望んだ環境ではないけど、特殊な経験をしてきたからこそ、自信持って言える事もあります。
当たり前が当たり前ではない感性を養えた事は事実です。遠足のお弁当は一人だけ買ったやつ。雑巾縫って持っていけない。鍵っ子当たり前。母の愛情よくわからない。
だからこそ、環境によって人格が作られるという事を、マイナスな側面で実証してきたと思っています。
今は大きくなったからこそ、マイナスもプラスに転換できるようになりました。

「プレゼンテーション作成」
PowerPointでのドキュメント作成が好き!
ストーリーの構成を考えたり、適切な画像を作ったり探す、アニメーションを加える。
そうやって作ったプレゼンテーションで相手が喜んで頂いた時とか、わかりやすいと評価される、こちらの伝えたい事が伝わるとやってて満足します。
これからも、わかりやすい一枚を作れるように腕を磨きます。

「内省」
今日のブログもある意味で内省です。
なんで?どうして?を深く自分に問う事により、自分を知る、自分の軸を作ります。
ふんわりと相手に質問する傾向があると評価されているので、きつく問い詰めないように内省の相手役としても立ち振る舞えます。

「傾聴」
とにかく聞く、黙って聞く、相づちをして聞く。
話を聞く事は人にとっては苦行かもしれません。
話を聞けない時もありますが、圧倒的に聞いている時が長いし多いと思っています。
オープン質問で相手に話を振り、クローズ質問で相づちを入れるのが、私のパターンです。
ただ、コミュニケーションに関しては人が違えば応対の仕方も変わる。これでゴールという事はないので、死ぬ直前まで学び続けようと思っています。

私はこの5項目に自信を持っています。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

100人に1人は居る、馬が合わないやつ

私の経験則であり主観ですが、100人の人と知り合う中で、馬が合わないというか、気が合わないというか、価値観が違う人と1人は出会います。

相手の話を聞いても、行動を見ても、何かとカチーンとくる人・・・私は居ます(苦笑)

金儲けの話をするヤツ、アメリカ型の資本主義思想(強い者だけが勝てばいい)のヤツ、カッコがチャラいヤツ、異性と遊んでばかりいるヤツとか、私の価値観と合いません。

SNSへの投稿がうるさい場合は、目にするたびにイライラが増殖します(怒)
不必要に不快な思いをしてもいいことがないので、私はこっそりとフォローを外してる。
すると、なんということでしょう!?タイムラインが清々しいったらありゃしない(笑)

世の中が多様化していくということは、必ず自分の価値観と相容れない人が現れます。
その異なる価値観を統合して、お互いの欲求を満たせる答えを見出せれば一番幸せですが、できないこともあると思います。
できない時には双方不可侵条約でお互い別の世界に分かれるのも建設的な方法だと思っています。

この価値観が合わない人にはもう一つの側面があります。
自分の弱点やトラウマという至らない点を映し出してくれる鏡でもあります。
どうしてこの人が嫌なのか?この人のどういう行動に不快を感じるのか?その行動にいたる背景や環境は自分とどう違うのか?のように問い続けます。
内省し続けることによって、相手の事が実はすべて自分のことに繋がっていると気付けることができます。

私の場合を例にすると・・・
金儲けして、金をいっぱい持っていて、勝った者が富を得るみたいな価値観で仕事をしている人が嫌い。
いつも遊んでいて、姿もちゃらちゃらしてて、異性をとっかえひっかえしているような生き方をしている人が嫌い。

この嫌な感情に対して内省すると・・・
親が貧乏だったので貧困が連鎖し、いまだに自分が貧しい状態から抜け出せない。だから、自分にはないお金の豊かさに嫉妬の感情がある。
そして、貧しい環境で懸命に頑張り続けているのに、豊かな家庭の子には勝てず、努力は報われない現実を垣間見てるから、勝ち誇った態度の人に悔しさを感じる。
だから、自分が頑張って仕事ばかりして遊べない状態なのに、好きなように遊べている人を妬んでしまう。
という風にすべてが自分の感情による部分があることに気付くことができます。自分の価値観を作っているものをハッキリさせられます。

馬が合わない人は自分のことを気付かせてくれる人。だからといって無理に仲良くするつもりはないけど。
もし自分探しをしている人はこのような視点から自分のことを見つめなおすのも方法なのかもしれません!?


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

示唆に長けている私

示唆:それとなく知らせること。ほのめかすこと。

示唆に富むと人から言われました。
私は示唆という単語を意識していませんでしたが、的確に私をあらわしていると思います。

何でも断言するような事は好きじゃありません。何故って、それは「私はそう思う」というだけの話で、環境や立場の違いによって人それぞれ考えが違うはずだからです。
だから、私の経験と思考を通すと「こうかもしれないよ!?」という、ざくっとした方向性を示す。
それで何かに気付いてもらって、同意するならしてもらえればいいし、それは違うなら別の考えでいてもらっても構わないです。
なんせ、人生に正解なんぞありませんから! ・・・ あれ!?断言しちゃった(苦笑)
人生に正解はないかもしれません!?(笑)

色んな考えがあることが多様性であり、相手を否定しないことが土台になっています。

示唆による受け答えによって、相手が考える余地を作る。気付きの可能性をもたらす。これが、コーチングや内省で効果が発揮されていると感じました。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

私は借りた金は必ず返さないといけないと思っている人間です

私は返済期間が20年の奨学金を今でも返済しています。
毎月3万もの返済を続けなくてはいけないのは結構大変です。

本当は現職のコンピューター業界は辞めて、好きなファシリテーターとかワークショップを開催したり、対話力育成コーチとかで人材開発に携わりたい!

でも、それができない自分がいる。

なぜコンピューター業界を辞めないのか?
それは固定した収入がなくなるのが嫌だから。

なぜ固定収入が入らないのが嫌なのか?
それは、奨学金を返しきってないから。

なぜお金を返さないといけないのか?
非常識だけど返済を踏み倒すのはいけないのか?
そういうことはやりたくない自分がいる。

なぜやらないの?

お金を借りたから、大学を卒業できた。
その恩を仇で返したくない。
そんな生き方をしたくない。

だから、安定な収入を手放せない。

ならば、ファシリテーターとコーチングで安定収入になれれば良いのだが、まだ実現できてない。
早くこっちで生計が成り立つように移り変わりたいと思う日であった。

今日はここまで!
(* ̄∇ ̄)ノ


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

異なる価値観を受け入れるために必要な大切なこと

自分と異なる価値観は受け入れがたい。そんな経験はありませんか?

社会は情報化が進み誰もが自分の意見を簡単に発信することができるようになりました。
その情報に誰でも即時にアクセスができ、昔以上に多様な価値観を知れるようにもなりました。

育ちや環境によって人の性格や考えは細かく分岐していて、まるで樹木の葉のように広がっています。
葉っぱの色が違ったり、大きさが違ったり、傷がある葉もあるでしょう!?

それぞれが違っていていいはずなのに、これが人だった場合には自分と異なるものは受け入れられない場合が多いようです。特に直接お話をする時にはなおさら感じやすいです。

私も相容れない思想の人と一緒になることがあります。その時には、できる限り自分の心を落ち着けようとまずは意識します。
そして、相手の意見を否定をしない、違う意見を受け入れるが賛同はしない、アドバイスをしないように会話します。
このようなコミュニケーションをできるようになるためには、会話の技術よりも心を磨く修行が必要だと思っています。
寛容な心、相手を受け入れる優しさ、自分の軸を持つという平穏な状態を保たれている必要があります。
そうでないと、心がもやもやして、つい、しかし、だが、けれども、ところが、でも、と口を挟んでしまいます。

異なる価値観を受け入れるのは相手のためであると同時に自分のためでもあります。
自分が他者から認められるという承認欲求が満たされないと、人は社会から孤立し幸せな人生を送れない可能性が高いです。
相手に自分を認めろ!とアプローチするよりも、まずは自分から認めてあげると返報性の原理でいずれ認められるようになります。

心を平穏にするのは、とても難しいことかもしれませんが、やさしい社会を目指し取り組みたいポイントであります。


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

コンテンツの中身と集客には関係はない!?

イベントを企画していると、良い企画だから集客が見込めるとか、内容に自信がないから人は来ないとか思いがちになります。

しかし、ハッキリと申し上げましょう!

イベントのコンテンツと集客には相関関係はありません!

過去にウケるかどうかまったくわからないような、できちゃった結婚に20人弱の人が集まったり、変わった地図を見て対話をしようというイベントで多くの方に来て頂きました。
思いつきで開催した地図のイベントは終了後のアンケートで多々改善点を指摘ようなイベントでした。
でも、人が来るときは来るもんなんです。

その一方でコンテンツの中身に検討に検討を重ねて、自信を持って開催している、人権や差別のテーマだったり、パートナーシップに関するイベントは、集客が鈍いです。
21世紀は人権の時代と言われているのに、人権や差別には興味がない。
LGBTのワードを頻繁に目にするようになっても、少数派の事なんかには興味がない。
これが、現実の一部であったりします。良い・悪いとか関係なくそんなもんなんです。

一方で広告・宣伝と集客には関係性がありそうです。
広告費を出してCMすると反響はあります。そうすると単価がどんどん値上がっていき、必要以上に費用を参加者の皆様からご負担頂くことになります。
それは、それで本末転倒だとも思います。

なので、自信があるコンテンツで参加状況が鈍いと不安になりますが、それに打ち勝ち、ドーンと構えていけるようにしたいですね。

では、また明日!
(* ̄∇ ̄)ノ


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

もし原発の放射能が無害でも反対しますか?

日本の原発問題は賛成・反対、両方の意見はずっと平行線のままで、みんなが納得する合意は見いだせていません。
もし、放射能が無害化できたら、それでも原発の稼働に反対しますか?

2015年現在では核のゴミを適切に処理できていません。私はこの状態で賛成派の主張は利己でしかないと思っています。

しかし、原発問題の本質は客観的に見た時、放射能によって人体や自然に害を及ぼすことです。

だから、もし、仮に放射能を無害化できたら何を感じますか?
私は原発を動かしても構わない、というか原発に興味や関心がなくなっていると思います。

学者の中に、常温核融合や核変換という技術を研究している人がいます。
まだまだ実現するには先が長い研究ですし、私が生きている間に完成できないものかもしれません。

研究は続けつつも、今の人間の能力で扱えないモノは控えることが必要ではないか?身の丈を知る事が大切なのではないか?

つまり、弊害が多過ぎる事には手を出してはいけないし、かといって、未来の新しい可能性も閉ざしてはいけない。
私はこれがもっとも人に必要な感性だと思います。

ということで、多様な方向性から考える習慣を鍛えていこう!
(* ̄∇ ̄)ノ


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

ルールがあるのなら、それは自由ではない

文献を読んでいる中で「自由」に関する衝撃的な意見を目にした。

自由は幻想であり大勢の人が同時に手にすることはない。
自由とは、いつでもどこでも行くことができて、やりたいことができること。
もし、ルールや罰則があるのなら、それは自由にやりたいことができないことを表している。
私の言葉で言い換えてありますが、このような趣旨でした。

頭をハンマーで殴られたような感覚。
確かにその通りのような気がする。
反論の余地はなさそうだ!?

私の社会的な関心事を振り返ってみると、他人への縛りとなるルールを作りたいのだと思う。
使い切れないお金を持つ者は持たざる者へ分け与えるルールを考えているし、人種や国籍に関係なく仲良くするルールを実現したいと思っている。
それは、厳密に言うならば自由な人を増やすのではなく、新しい縛りによって強制的に譲り合う構造を作りたいのだろう。

人間は本来、共存することを目指し、他者を理解や共感することによって喜びを見出せる生き物ではないか。

しかし、個人主義で個であることを求められ、資本主義で肥大化の必要性に毎日追われ、他人を思いやる気持ちよりも自分だけでも生き残るレールの上を走らされている。
私もそのレールの上を走ってきたし、今でも走っている。しかし、このレールで良いとは思っていない。だから別のレールに乗り換えるため対話のイベントを開催しているのだと思う。

私のイベントのコンセプトは価値観の衝突。相容れない価値観で対立を作るのでなく、相手を共感するキッカケにしたい意図があります。
話せばわかる。盗人にも三分の理。
より良い社会には、同じ人はいない(多様である)から相手の立場を思いやって譲り合うことが必要です。
そんなことを学べる場としてイベント活動に取り組み続けたいと思います。

今日の記事に関しても共感してくれる人が居ると嬉しいな!?
では、また明日!
(* ̄∇ ̄)ノ


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

未来は絶対に多様化する理由

世の中は絶対と言い切れるほど、多様化していきます。

なぜそう言い切れるのか?

一言で言うならばグローバル化が止まらないからです。

海外の工場で生産した物を輸入する。
先進国において国産だけで自給自足している国はありますか?あれば教えて下さい。
食べ物、生活用品、電化製品など様々な物が地球上を流通しています。

次に飛行機は毎日何万便も飛び交っている。(一説によると1日3万便だとか?)
正式な統計がない程の数が飛んでいます。
人も地球上で行き来している。

他にインターネットで情報は瞬時に世界で共有されます。

物・人・情報が地球で行き交っている。

そうしたら、異なる民族や文化と触れあう機会が増える。
そして中には異なる国籍で家族になる人も必然的に発生します。
現に日本のタレントにハーフやクオーターで活躍している人がいますよね!?
スポーツだって、サッカー、高校野球、陸上でハーフの選手が日本代表で活躍しています。

もし、この流れを止めたいのならば、鎖国して、純血政策をするしかない。

そんなの、現実的じゃないし、非人道な行為は淘汰されます。

なので、私は多様性を認め、人権を大切にする意識を高めないとならないと思っています。
身に付いてないなら、練習してできるようになればいい。

相手を知れば不安もなくなり、きっと仲良くできるって!?

というような思想を持って、対話や教育の活動に取り組んでいます。

では、今日はここまで!
(* ̄∇ ̄)ノ


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/

人は思い込みをする

一年ぶりくらいに会った人から「痩せた?」って聞かれた。

体重は2~3㎏くらい減っているかもしれませんが、激減はしてないですよ!ほとんど変わってないです。
(T_T)

普段からよく会っている人にはそんなこと言われたことないし。
勝手に太っている印象を持たれているのだなと思ったわ。

そう思うと人は本当に思い込みをするわ!?

誤解を作らないためにも、やっぱり、リアルでコミュニケーションをする大切さを実感する。

私はもっとリアルを大切にするぞ!
そんな事を思った1日でした。
(* ̄∇ ̄)ノ


── 哲学対話の依頼・仕事を承ります! ──
哲学対話の研修や授業・セミナー・ファシリテーター養成講座など幅広くご対応致します。
学校や企業・NPO・スポーツチーム・各種コミュニティでご対応致します。
問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらより

◆◆ 対話のイベント&研修 ◆◆
────────────────────────
*対話コン
今までにない哲学対話の手法を使った合コンのような参加者同士が仲良くなる対話のイベントです。
恋愛や結婚など日頃の興味や関心を持っていることについて話し合う"対話"を体験してみませんか。
マッチングなし。年齢制限なし。既婚者や夫婦での参加可。少人数で楽しくアットホームにやっています。
第40回 2019年5月25日(土)〔東京・渋谷〕
詳細やお申込みはこちらより

*組織活性化研修
組織の風通しを良くし従業員のやる気やコミュニケーションを活性化させる研修プログラムです。
学校・教育現場で実績がある哲学対話の手法を使い、問いを持つこと、自分の言葉で考えて話すこと、相手の話をじっくり聞くことを通じて、従業員が自主性を持ち、組織の活動を前向きに取り組むようになります。
詳細やお申込みはこちらより

●● 対話力育成コーチ武のSNS ●●
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp
*Instagram
https://www.instagram.com/denchi.jp/