東京電力Switch!カードのリニューアルでサービス低下

「東京電力Switch!カード」というクレジットカードを契約していて、2017年にカードがリニューアルされるという案内が届きました。
リニューアル内容を確認してみたら、サービスの内容が悪くなった感じなので大変ガッカリしました。

私がSwitch!カードを使っていた理由は2つあります。
・公共料金の支払いでポイントサービスが2倍で付与される。
・電気料金をカード払いにすると年会費(¥1,000-)が無料になる。

これらがリニューアルによってなくなってしまうのです。

sp16091
公共料金のポイント優遇(一律2倍)は、2017年4月ご請求分への優遇をもって終了とし、通常通りのポイント加算(1倍)となります。

電気・ガス・水道・通信費といった公共料金は毎月必ず支払いをしなくてはいけないので、その支払いでポイントが優遇される仕組みにメリットがありました。
ポイント優遇がなくなったら全然このカードで支払いをする意味がありません。

ただし、ゴールドカード会員様は、電気料金以外のショッピングご利用分(公共料金含む)に対するポイント倍率が2倍になります。という選択肢は残されたようです。

なので、カードの種別を確認してみると、私が使っていた一般とゴールドの2種類があります。

sp16092

一般カードでも、電気料金をカード払いにしていれば、年会費が無料になるメリットも今回のリニューアルでなくなります。
もし、ポイントの2倍優遇を継続したければ、年会費1万円のゴールドカードにしなくてはいけません。

ゴールドカードにしてポイントの優遇でどれだけのメリットがあるのでしょうか?ちょっと計算してみます。

sp16093
ポイントは毎月のショッピングご利用金額1,000円ごとに1ポイント加算されます。

ポイントに応じて商品と交換できるのですけど、この1ポイントがいくらになるのか?ギフト券を例に換算してみます。
※交換する商品によってポイントの金額が変動します。

sp16094
5,000円が1,050ポイントとした場合、1ポイントはおよそ4.76円になります。

では、ゴールドカードで年会費1万円を支払った場合、その年会費1万円の元を取るためには、10,000円÷4.76円=2,100ポイント必要。
ゴールドカードはポイント2倍優遇されますので、1,000円で2ポイントの加算となり、2,100ポイントを獲得するには、1,050,000円の買い物が必要。
つまり、年間で1,050,000円以上のカード支払いをしないと、年会費の元を回収できません。

公共料金の合計は年間100万円にならないし、通常の買い物を含めても100万以上もカードで買い物していません。

公共料金を支払うことでカードの年会費が無料だし、必ず支払わなくてはいけない金額にポイント加算されて、毎年何かしらの商品と交換できるのはラッキーでした。
それが、このリニューアルで私にとってはまったくカードのメリットを感じなくなりました。

正直、サービス内容が低下して東京電力は原発問題で金回りが悪くなったのかな?と勘ぐってしまいます。
私はこのリニューアルでカードを解約しようと思います。今までありがとうございました。


◆◆ 対話のイベント ◆◆
────────────────────────
*対話コン ~異性と一緒に問う・語る・考える~
対話の手法を使って男女の恋愛観や相手の価値観を知り合う対話のイベントです。
深く対話をすることによって相手の人柄や内面を知る。異性への理解と知識が得られて、自然と参加者同士がどんどん仲良くなっちゃうイベントです。
第9回 7月30日(日)13:30~
詳細やお申し込みはこちら

◆◆ 次回開催日調整中 ◆◆
────────────────────────
*市民カフェ
色んな社会問題や暮らしの課題、政治の話題まで、参加者同士がざっくばらんに話し合う場です。
専門的な知識は不要。難しいことはしません。

◆◆ 対話力育成コーチ武のSNS ◆◆
────────────────────────
*ホームページ
http://www.co-tk.com/
*Twitter
https://twitter.com/denchi_jp/
*Facebook
https://www.facebook.com/denchi.jp